カテゴリ:*展覧会のごあんない( 295 )

⑥ 2019 稲葉基泰さん個展[土偶と木口木版画]終了しました!

多くのお客さまをお見送りしてほっとひといきの稲葉さん個展最終日。中央に稲葉さん。右にご友人。
左は葉月ホールハウス管理人の長年の友人でもある、文化出版局「季刊銀花」元編集長の青戸さん。
同じテーブルで言葉を交わし合ううち、いくつかのつながりがあきらかになりお話がはずみました。
稲葉さんの圧倒的な表現世界にまた出会えますように。 みなさま、ありがとうございました!
e0151902_06392581.jpg

by hazukihallhouse | 2019-02-17 08:25 | *展覧会のごあんない

⑤ 2019 稲葉基泰さん個展[土偶と木口木版画]明日から3日間、定休です。


明日の月曜日から水曜日までは定休で、2月14日(木)、15日(金)、16日(土)をもって終了です。
作家の稲葉基泰さん(左)は木曜と土曜に在廊予定。土偶や木口木版をめぐる彼独自のお話が好評です。
右は可愛いピアニストの竹内司さん。3年前、稲葉さんとこの場所で行き会ったご縁、再びです。
e0151902_17523326.jpg

by hazukihallhouse | 2019-02-10 18:18 | *展覧会のごあんない

④ 2019 稲葉基泰さん個展[土偶と木口木版画]明日から3日間、定休です。

稲葉基泰さん(右)が復元した土偶にすっかり魅了されたごようすの山下洋子さん。
「ただものではない」稲葉さんとのお話は尽きません。いつもありがとうございます。
明日から水曜日までは定休です。2月7日(木)からまたお待ちいたします。
e0151902_18180146.jpg

by hazukihallhouse | 2019-02-03 18:38 | *展覧会のごあんない

③ 2019 稲葉基泰さん個展[土偶と木口木版画]初日が終了しました。

稲葉基泰さん(中央)復元の縄文土偶をめぐって、稲葉さんとお客さまたちとの会話が弾みました。
もとの姿に戻したくて、欠損への手がかりを探ってきたこと。考古学からの恩恵のこと。
かたちの意味。模様の理由。出土先の地層。野焼きの方法。復元とレプリカの大いなる違いについて。
わからない、ということの尊さについても。
明日2月3日の日曜日も稲葉さんは在廊予定です!
e0151902_19043561.jpg

by hazukihallhouse | 2019-02-02 20:44 | *展覧会のごあんない

② 2019 稲葉基泰さん個展[土偶と木口木版画]、 明日2月2日、初日です!

土偶と木口木版画による稲葉基泰さん個展。
いよいよ明日2月2日(土)が初日となり準備が佳境です。
e0151902_13244581.jpg

窓辺には遮光器土偶や筒型土偶など
e0151902_18305662.jpg

e0151902_18261764.jpg

グランドピアノの上から仲間をしっかと見つめるのはハート型土偶。後ろ姿も素敵です。
e0151902_13143881.jpg

全国各地から出土した縄文土偶を限りなく完全なかたちで成型・復元してみせる稲葉さん。
全29作を展示。一部を除いて販売いたします。
e0151902_13222794.jpg

現在41歳の稲葉さんは十代からアメリカに渡り2005年に帰国。
カリフォルニア州立大学ロングビーチ校で学んだ版画のなかでも木口木版は稲葉さんの真骨頂。
樹齢500年ツゲの版木による大作は圧倒的な迫力です。全16点、額と共に販売いたします。
e0151902_13495355.jpg


会期は2月2日から2月16日までの木金土日。
13時から18時まで。お待ちしております!
e0151902_13240711.jpg





by hazukihallhouse | 2019-02-01 13:56 | *展覧会のごあんない

① 2019 稲葉基泰さん個展

2019年が明けて一週間。
稲葉基泰さん個展[土偶と木口木版画]準備を始めています。
グランドピアノの上に立ち、空を仰ぐ縄文土偶復元。
本年もこの場をどうぞよろしくお願いいたします。
土偶が代わってそう言ってくれているような。
詳細は葉月ホールハウスHP[exhibition]へ。
e0151902_12143230.jpg

by hazukihallhouse | 2019-01-08 12:31 | *展覧会のごあんない

⑥ 2018 冬の小品展[gift]

水曜日までお休みをいただき、12月20日(木)と21日(金)13時からまたお待ちいたします。
最終日12月22日(土)はThe Kudosによるギャラリーコンサート[gift]。
e0151902_18321919.jpg

展示作品それぞれに寄せて繰り出されるThe Kudosの生演奏に今からわくわくです。
画像は2年前の葉月ホールハウス。母のヴォーカル、父のピアノ、ゲストのベーシスト・カイドーユタカさんとセッションする息子のひろたくん。4歳から夏に来て奏でてくれた未来のコンダクターは現在中学一年生。
葉月ホールハウス管理人もいつしかビッグファンです!詳細→
e0151902_19243454.jpg


by hazukihallhouse | 2018-12-15 20:18 | *展覧会のごあんない

⑤ 2018 冬の小品展[gift]

コラージュ版画作家の戸次祥子(べっきしょうこ)さんがお母さまと来てくださいました(右のお二人)。
落ち葉で描いた戸次さんの白い小品群を背に、戸次さんの左隣は、木版作家で本展ではユニークな張り子作品も人気の宮嶋淳子さん。左端は来年1月に個展予定の土偶作家・稲葉基泰さん。前列は、詩人・辻征夫さんの企画展でお世話になった元編集者の川村之・禎子さんご夫妻。居合わせた偶然のそれぞれにお話がはずみました。戸次さんの落ち葉シリーズ[consort](右壁面)は最後の追加作品となります。お待ちしております。
e0151902_17215720.jpg




by hazukihallhouse | 2018-12-13 20:50 | *展覧会のごあんない

④ 2018 冬の小品展[gift]、明日から3日間お休みです。

明日の日曜日からお休みをいただき12月13日木曜日13時からまたお待ち申し上げます。
e0151902_21244320.jpg
e0151902_21290339.jpg



by hazukihallhouse | 2018-12-08 18:12 | *展覧会のごあんない

③ 2018 冬の小品展[gift]明日土曜日も13時から。

葉月ホールハウス前のイチョウは最後の輝き。
6人の造形作家による集合展、多くのみなさまにおはこびいただいております。
e0151902_15220935.jpg

金色に光るイブラヒム恵美子さんの天使のガラス絵。
e0151902_16224055.jpg

吟遊詩人のような演奏家は、戸次祥子さんの、自然の落ち葉による詩的な造形。
e0151902_16113210.jpg

どこの国から来たのでしょう。宮嶋淳子さんの張り子のオブジェたち。
e0151902_18543732.jpg

同じく宮嶋淳子さんの木版画は、重ねた深い色合いのなかに、人物。
e0151902_18553795.jpg


中嶋寿子さんの陶作・飛ぶ鳥には、独自の時間と物語が。
e0151902_18561743.jpg

真鍮の飛ぶ鳥には、東影美紀子さんのエッチングの技法が繊細に。
明日土曜日も13時からお待ちしております!
e0151902_18574613.jpg


by hazukihallhouse | 2018-12-07 19:10 | *展覧会のごあんない