人気ブログランキング |
<< ① 2019 坂東翔一郎はあと... ⑥ 2019 イブラヒム恵美子... >>

② 2019アイルランドの調べ、終了しました! 

キャサリン・ラティガンさん。
アイルランド伝統のハーピスト。洗練の演奏。知的で優しい語り。
リハーサル時、この場所には[vibe]がある、Do you know[vibe]?
 葉月ホールハウス管理人は、あわあわしながら、イエスと言ってしまいました。
e0151902_19182556.jpg

この魅力的な企画主催者で、長くアイルランドはスライゴーに在住、
キャサリンさんとはご親族という松井ゆみ子さんにそれを告げると、
[vibe]があるとは、よい「気」が流れているということでは、と言ってくださいました。
e0151902_19274091.jpg

もうおひとり、松井さんがスライゴーから招かれたのは、フィドルのレイ・コーエンさん。
音楽の洋服を着ている、と言われているレイさんなのだそうなのですが、それはもうほんとうに。
e0151902_19111111.jpg

左右満場のお客さまの中央で、段差に腰掛け、次々にアイリッシュ・チューンを奏でるお二人。
インフォーマルこそアイルランド流! 松井ゆみ子さんのことばどおり、
そぐそこで生まれる伝統音楽を楽しみ合う幸福感。。
e0151902_19164277.jpg

サプライズはキャサリンさんのピアノ。
レイさんのフィドルとすばらしくセッションするのは飛び入り、名古屋からの小松大さん。
e0151902_19112767.jpg

ヴォーカリストの奈加靖子さん、アイリッシュハープの村上淳志さん(右のおふたり)は、
本公演の大切な人気ゲスト。繊細で誠実な演奏は、アイルランドの妖精のしわざでしょうか。。
みなさま、ありがとうございました!
e0151902_18542677.jpg



by hazukihallhouse | 2019-04-24 00:49 | *音楽会のごあんない
<< ① 2019 坂東翔一郎はあと... ⑥ 2019 イブラヒム恵美子... >>