<   2014年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧

純名里沙さんと笹子重治さんの音楽会を10月に!

宝塚歌劇団出身でおなじみの純名里沙さんとギタリストの笹子重治さんが、
深堀瑞穂さんのカメラでDM用のポートレイトを撮影中です。
再来月の10月31日(金)の夜、お二人の音楽会をひらくことが急きょ決まりました。
実力派ヴォーカリスト純名里沙さんの歌声が、笹子さんの確かなギターにみちびかれて、
葉月ホールハウスのちいさな空間にノンマイクで満ちるMy House Concert[やさしい時間]。
詳細はまたご報告いたします。お楽しみに!純名さんHPはこちらへ▶︎
e0151902_11563060.jpg

by hazukihallhouse | 2014-08-29 12:14 | *音楽会のごあんない

お昼のジャズコンサート2014夏のご報告


夏生まれのミュージシャン工藤由夏さんが
蝉しぐれの夏休みに主催してくださるお昼のジャズコン「こどもとジャズを聴こうよ」。
会場に葉月ホールハウスをご利用いただけるようになってからもう4年がたちました。
可愛いプログラムもコビトペンギンのマラカスも、
息子のひろたくんの絵から作った由夏さんのお手製です。
e0151902_22295965.jpg

こどもたちへのラブソングを歌う由夏さんを中心に、
ご主人の工藤雄一さんのピアノとピアニカ、
息子のひろたくんの小さなヴァイオリン。
そしてこちらも子育て中のミュージシャン、
尾崎一宏さんのサックスとカイドー・ユタカさんのベース。
サポートにはモモプロジェクトの横山さん。
e0151902_22575376.jpg

聴くたびに由夏さんの歌が好きになるのはなぜだろうと考えました。
それは由夏さんの、ほどよさ、のせいではないだろうか。
あふれる愛を、さりげない気品とセンスで、チャーミングに。
そのここちよさをいちばん知っているのは、ひろたくんなのかもしれませんね。
プロミュージシャンたちとのセッションを、
こんなにもかろやかにこなす小学3年生がいるなんて!
e0151902_22271359.jpg

少し前まではこんなに小さかったひろたくん。
由夏さんがくださったCD「だっこ」は、
スウェーデンでのレコーディングも含むオリジナル2ndアルバムで、
過ぎ行く母子の時間をひろたくんと歌った「だっこ」にはじんときます。
由夏さんのHPでぜひ視聴してみてください。
e0151902_23171774.jpg
由夏さんご一家とお仲間たち、今夏もありがとうございました。
そしてお運びくださったたくさんの親子連れのみなさま、ありがとうございました!







by hazukihallhouse | 2014-08-25 10:27 | *音楽会のごあんない

都立西高校同窓生のみなさまによるSummer Musical Entertainment!

もう何度ご利用いただいているか、わからなくなってきました。
お盆と年末に恒例の、都立西高校同窓生の皆さんによる音楽会的同窓会。
ピアノとフルートとベースと歌を中心に、
クラシックからジャズ、ポップスの生演奏で、えんえん10時間が満たされます。
今年は大合唱の朗々たる響きも聴こえてきて胸が震えました。
葉月ホールハウスをはじめた4年前、
もたつく管理人にみなさまはとても優しかった。
おかげさまでこうして5度目の葉月を迎えています。
みなさま、ありがとうございます。また年末にお待ちしておりますね!
e0151902_10495708.jpg

by hazukihallhouse | 2014-08-17 11:44 | *サロンのごあんない

②坂井みゆきさんと熊野みどりさんギャラリーコンサート[水の戯れ]のご報告(撮影=深堀瑞穂)

水を描いた池田真弓さんの日本画のなかで聴くギャラリーコンサート[水の戯れ]。
e0151902_01050371.jpg

出演は坂井みゆきさん(左)と、ドビュッシー「小組曲」の連弾のお相手に熊野みどりさん(右)。
e0151902_01075595.jpg

池田真弓さん(右)は音楽を聴きながら制作することも多いそうで、
この日のプログラムも池田さんのリクエストで、
ラヴェルやドビュッシー、リストなどから、水にちなんだ名曲が選ばれました。
e0151902_01175979.jpg

池田さんによる音楽と絵のお話にみちびかれるように、
水の躍動、水のきらめきや物語が、幻想的に奏でられて、
まるで海の底にただよっているような、ふとそんな錯覚にも包まれました。
池田さんと坂井さんは高校時代の同級生で、
富士高オーケストラ部で一緒にヴィオラを弾いていらしたという間柄。
画家とピアニストというそれぞれの道にすすんでこうして今、
すばらしい共演を果たしてくださいました。

e0151902_01350346.jpge0151902_01413192.jpge0151902_01353079.jpg














親しいみなさまでの最後の一枚には、
富士高オーケストラ出身のお仲間たちの姿も。
みなさま、ありがとうございました!
池田真弓さんの個展のもようはこちらへ→click
e0151902_00532957.jpg



by hazukihallhouse | 2014-08-09 01:12 | *音楽会のごあんない

④池田真弓さん[光の呼吸〜水のカタログ]展のご報告(撮影=深堀瑞穂)


テーマは水と光。その一瞬のかたち。
たくさんのお客さまをすがすがしくお迎えして、
日本画家•池田真弓さんの作品展が終了しました。
e0151902_02374289.jpg

岩絵具と銀泥と墨で描いた「雲の水位」。
絹本の裏からも彩色がほどこされて、こんなにも深い青さで水と光が揺れています。
e0151902_02395603.jpg

池田さん(左)の誠実な画風とお人柄のせいでしょうね、
2014年の猛暑と豪雨にもかかわらず、親しいお客さまたちが次々にお運びくださいました。
右は音楽にも造詣が深い池田さんの182センチ四方の大作「ドビュッシーを聴く」。
下左二点も、たて90センチの力作で「水幻」、右は「水に漂う」。

e0151902_02502080.jpge0151902_02534018.pnge0151902_02482122.jpge0151902_02441257.jpge0151902_02451229.jpg
























e0151902_03583243.jpg
風炉先屏風に仕立てた「水紋」(上)、
ドローイング「漂う」(下)、どちらにも音楽を感じます。
これらの作品空間のなか、ギャラリーコンサートがひらかれました。
葉月ホールハウスの葉月とは八月のこと。
その八月の、最初の週末のことでした。→click!
e0151902_02403697.jpg





by hazukihallhouse | 2014-08-09 01:10 | *展覧会のごあんない

①坂井みゆきさんと熊野みどりさんギャラリーコンサート[水の戯れ]終了しました!

ピアニストの坂井みゆきさん(前列左から二人目)と熊野みどりさん(前列左端)、
お二人によるギャラリーコンサートがぶじ終了しました!
最後に深堀瑞穂さんのカメラに向かって親しいみなさまで記念の一枚。
池田真弓さんの水の絵と戯れるように、
フランス印象主義のピアノ曲がそれは魅力的に奏でられました。
詳しくは深堀さんの写真でまたご報告いたします。
みなさま、ありがとうございました!
e0151902_22000729.jpg

by hazukihallhouse | 2014-08-02 22:35 | *音楽会のごあんない