<   2013年 12月 ( 9 )   > この月の画像一覧

都立西高校同窓生のみなさん恒例、冬の音楽会!


2013年が暮れようとしています。
今年もたくさんの方に弾かれたグランドピアノの上に
かわいいくまちゃんがちょこんと待つ宴のあと。
e0151902_14075982.jpg

先ほどまでにぎやかにつづいていたのは、
都立西高校のみなさまによる恒例・冬の同窓会+音楽会。もう4回目ですね!
くまちゃんは、メンバーのおひとり、ピアニスト田辺恵子さんのお連れでした。
e0151902_14080304.jpg
今年は鎌田規子さん(左から二人目)のケイタリングお料理を
はじめてご紹介させていただきました。
手づくりのやさしい味は特に女性に大評判。
それぞれの仕事を終えたみなさまが、お料理と楽器と歌で過ごす10時間は、
一年の最後にふさわしいなんともあたたかい時間です。
みなさまほんとうにありがとうございました。
また来年もどうぞよろしくお願いいたします。


by hazukihallhouse | 2013-12-31 19:03 | *サロンのごあんない

②谷川俊太郎さん&賢作さんの「せんはうたう!」(撮影=深堀瑞穂)

せんはとぎれない/せかいがとぎれないから
せんはどこへでもいける/じぶんがみちだから
せんはじゆう/せんはなににでもなれる

詩画集『せんはうたう』(2013・ゆめある舎刊)は、谷川俊太郎さんのこの詩からはじまります。
せんを描いたのは望月通陽さんです。

 葉月ホールハウスという場をひらくとき、葉月ホールハウス管理人は、
ホールのロゴマークを、思い切って望月通陽さんにお願いしました。
できあがってきたロゴは、美しいせんの絵で、しかもふたつもありました。
あのときのよろこびと安堵の意味が、
谷川さんのこの詩で今、きれいに解き明かされたような気持ちです。
e0151902_01031709.jpg

あれから4年たち、2013年クリスマスイブのこの日、
望月さんのポルトガルタイル絵の展示空間に、谷川俊太郎さんと賢作さん父子がいらしてくださいました。
俊太郎さんは詩の会に続いて2度目、賢作さんはピアノソロとDiVaのコンサートでもう4度目ですね。
e0151902_03021074.jpg

クリスマスにふさわしい賢作さんのピアノと俊太郎さんの朗読に、左右いっぱいのお客さまが聴き入ります。
e0151902_16503803.jpg

キラキラ 光っているものは
どうしてもどこかに 影をつくる
大きなクリスマスツリーが立った」を読む俊太郎さん。
かざらない俊太郎さんのまっすぐな声が
白い空間のすみずみにいきわたります。
e0151902_16550287.jpg

詩画集「せんはうたう」のなかの俊太郎さんの詩は、
望月通陽さんの絵とたわむれるように、かろやかなつぶやきのように、うたわれています。
この日はそれらが一編の詩として読まれました。
賢作さんの洒脱なピアノが俊太郎さんの朗読を最大限に生かしめて、
詩と音楽が、気持ちよく呼吸しながらしずかに降ってくるような、そんな幸福にみたされました
第2部には、この本を企画編集された谷川恵さんと望月通陽さんも登場されました。⇒Click!

e0151902_17190176.jpge0151902_17191531.jpg

by hazukihallhouse | 2013-12-30 22:16 | *詩の会のごあんない

③谷川俊太郎さんから望月通陽さんへ33の質問(撮影=深堀瑞穂)

詩画集『せんはうたうの企画編集をなさった谷川恵さん(右)はゆめある舎の社主としても今年は大活躍でした。
e0151902_18361075.jpg

谷川俊太郎さんと作曲家でピアニストの賢作さんのソングブック『歌に恋して』(音楽之友社刊)。
その表紙絵(下)を望月通陽さんが描かれたのをきっかけに『せんはうたう』は刊行され、
そんな恵さんのひらめきとセンスがこの日のギャラリコンサートにもつながったのでした。
e0151902_18590321.jpg

『せんはうたう』の誕生までを、俊太郎さんと望月さんのおふたりに語っていただきたい。
葉月ホールハウス管理人はただ凡庸に考えて事前にお伝えしていたのですが、
本番でそれは軽やかにいなされました。
さんざん話しましたものね。やめましょう! やめましょう!
e0151902_19124039.jpg

そしてはじまったのが俊太郎さんの33の質問
その本は我が家に2冊あります。それをやるんですか? 悪い趣味ですね(望月さん)。
不意打ちしようと思って(俊太郎さん)。
ええ~?ほんとうにやるんですか(望月さん)。
「金、銀、鉄、アルミニウムのうちでもっとも好きなものは?」
俊太郎さんの問いかけはもうスタートしているのでした。スマートこのうえない俊太郎さん。
e0151902_19123848.jpg

望月さんはだいじょうぶでしょうか。。
静岡のアトリエで日々制作に打ち込まれている望月さん。
きっとそこは常人にははかりしれない純度の高い空間なのだと思っています。
たまさかの下界(?)で次つぎに質問を投げかけられるとは。。
e0151902_19390803.jpg

それが。
いつしか望月さんの返す答えがさえわたり、
俊太郎さんも、「詩的なお答えですね「うまい!「おそれいりました!と。
賢作さんも「かなり面白い!ジャズだよ、やっぱり、望月さん!」と。
当意即妙の知的な応戦、お客さまのすばやい反応。
刺激的なこの日のセッションを、賢作さんは「西荻の奇跡とも。
e0151902_19380049.jpg

ライン(=線)ということばが望月さんから、
調べ、ということばが俊太郎さんから出されました。

非凡と天才、ということばもお客さまからあがりました。

そして、造形。
e0151902_20033556.jpg

それらのことばを深く私たちの胸に残して、非凡と天才は、またもとの場所に帰っていかれました。
e0151902_20295303.jpg

右から谷川俊太郎さん、望月通陽さん、谷川賢作さん。
絵と詩と音楽、作品とお人柄を、
ありがとうございました!
e0151902_20295684.jpg


by hazukihallhouse | 2013-12-30 22:14 | *展覧会のごあんない

①谷川俊太郎さん&賢作さん&望月さん[せんはうたう!]のご報告(撮影=深堀瑞穂)

谷川賢作さんのHappy Christmasの演奏が終わって、
拍手喝采のお客さまと、ずっとピアノのかたわらにいてくださった谷川俊太郎さん。
ギャラリーコンサート「せんはうたう!」はこうしてぶじ幕をおろしました!
詳細⇒Click!
e0151902_21564688.jpg


by hazukihallhouse | 2013-12-30 22:06 | *音楽会のごあんない

谷川俊太郎さん&賢作さん&望月さん[せんはうたう!]コンサート、終了しました!

2013年、葉月ホールハウスのクリスマスイブは、
ギャラリーコンサート[せんはうたう!]におはこびくださった
満場のお客さまのあたたかい拍手で暮れました。
写真は前列右から、谷川俊太郎さん、望月通陽さん、谷川賢作さん。
サイン会を終え、その後お親しい方がたと、深堀瑞穂さんのカメラに向かっていただいた一枚です
詩と音楽と絵が一緒になったこの日の奇跡は、
深堀さんの写真でまたあらためてご報告いたします。
みなさまありがとうございました!
e0151902_10164744.jpg

by hazukihallhouse | 2013-12-25 10:42 | *音楽会のごあんない

望月通陽さんポルトガルタイル展[アズレージョ]本日と明日はお休みです。

展覧会におはこびくださってありがとうございます。
きょう12月17日(火)と明日18日(水)は
定休とさせていただいております。
どうぞよろしくお願いいたします。
e0151902_10200395.jpg


by hazukihallhouse | 2013-12-17 10:25 | *展覧会のごあんない

望月通陽さんポルトガルタイル展[アズレージョ]がはじまりました。

木枯らし吹く12月13日。
望月通陽さんの展覧会がはじまりました。
今年はポルトガルタイル[アズレージョ]の絵付けを手掛けられた望月さん。
e0151902_19275265.jpg

望月さんならではの線と言葉が、
こんなにユーモラスに愛らしく、
コバルトでたくさん描かれました。
e0151902_19245581.jpg

壁にかける鉄製金具も望月さんのデザインです。
e0151902_19245923.jpg

新作の型染めも、子守歌をうたう母と子のやさしいかたちで。
e0151902_19235220.jpg

2013年クリスマスイブまであと10日余り。
ぜひお見逃しなくおはこびください。
24日のギャラリーコンサート[せんはうたう!]は
お申込みを終了させていただいております。→click! 
e0151902_19572017.jpg

by hazukihallhouse | 2013-12-13 20:07 | *展覧会のごあんない

谷川俊太郎さん&賢作さん&望月さんギャラリーコンサート完売いたしました。

e0151902_19111606.jpge0151902_19140206.jpge0151902_19430144.jpg









2013クリスマスイブ
ギャラリーコンサート[せんはうたう!]は完売いたしました。
たくさんのお電話ありがとうございました。
望月通陽さんのポルトガルタイル[アズレージョ]展覧会は、あさって12月13日〈金〉からです。
ご来場をお待ちしております!詳細⇒

e0151902_19371665.jpg
     DMデザインは、ito happyさん。




by hazukihallhouse | 2013-12-11 17:08 | *音楽会のごあんない

ゆいこ felicity LIVE 終了しました!

2013年11月30日。
シンガーソングライターゆいこさんのレコ発ライブ当日。
一番手はオーストラリア出身のトラベリング・ミュージシャンTim Scanlanさん。
ギター、ハイハット、カホン、ハーモニカ。。。これらすべてを、たったひとりで弾いて叩いて吹いて歌って、
風がわたってくるようなアイリッシュを聞かせてくださいました。

e0151902_11301302.jpge0151902_11313853.jpg












次はMujika Easelさんの弾き語り。
繊細で美しいピアノと歌にいつしか聴き入り、Mujikaさん独自の世界を浮遊しているような感覚に。。

e0151902_11594116.jpg


e0151902_11531816.jpg











そしてゆいこさん。
話題のオリジナルフルアルバム『felicity』から歌います。
e0151902_12313158.jpg

のびやかな歌声はまるで太古の空に向かうように無垢で純真。
そこに是永巧一さんのギター、
斉藤孝太郎さんのチェロ、主催の〈whereabouts-records〉竹内一弘さんの音響、
e0151902_13124826.jpg

そして木村林太郎さんのアイリッシュハープ、佐藤拓馬さんのピアノを得て、
ゆいこさんの音楽が重層的にふくらんでゆきます。
e0151902_13315233.jpg

たくさんのきらめく才能が、ちいさな場所にいっぺんに集合したような、
そんな嬉しいライブの一日になりました。
はじめての場所はお使いづらい点もいろいろあったことでしょうに、
みなさま笑顔で、ほんとうにありがとうございます。
またぜひたっぷり聴かせてください!お待ちしています!
e0151902_13361989.jpg





by hazukihallhouse | 2013-12-04 13:57 | *音楽会のごあんない