<   2013年 10月 ( 7 )   > この月の画像一覧

④[パレットの会]油絵展、終了しました!

のべ8日間にわたった[パレットの会]のみなさまの油絵展がぶじ幕をおろしました。大盛況でした!
高橋純子さんが描かれた愛犬リーナちゃんの仲間たちもたくさん来てくれました。リーナちゃんジュニアもちいちゃな姿で初お目見え。うれしい笑顔がいっぱいの、なごやかな秋の展覧会となりました。
e0151902_10521777.jpg

すべてのお客さまをお見送りした最終日の一枚は、左から、赤い絵の[スパニッシュダンス]を描かれた石丸麗子さん、高橋純子さん、右はじの[コスモス]を描かれた城勢津子さん、そして井上美佐子さん。
油彩の魅力、みなさまの優しさ、ありがとうございました。またすてきな絵とごいっしょに、お待ちしております!
e0151902_10335481.jpg

by hazukihallhouse | 2013-10-30 11:24 | *展覧会のごあんない

③[パレットの会]油絵展にギタリストの斎藤松男さんが!

[パレットの会]絵画展が最後の週末を迎えました。
心配していた台風が去って雨も上がり、ゲストにお招きしたギタリストの斎藤松男さん(左から三人目)のギターが終日ホールで奏でられるという、それはそれはぜいたくな一日となりました! 
e0151902_18552216.jpg

斎藤松男さんと[パレットの会]の高橋純子さんがお知り合いでいらしたことから、きょうの演奏会が実現しました。入れ替わり立ち替わりいらっしゃるお客さまのかたわらで、クラシックの名曲からなつかしい歌謡曲まで、幅広いリクエストに優しく応えながら、心を込めて弾いてくださる斎藤さんです。
e0151902_18561414.jpg

絵のなかで斎藤さんの弦の音色がふくらんで、ホールはあたたかい雰囲気でいっぱいになりました。あちこちではずむおしゃべりも、[パレットの会]のみなさまのお人柄ゆえですね。葉月ホールハウス管理人は、みなさまが次々にご注文くださる珈琲の豆をずっと挽いていたような、その合間にギターの調べに知らず聴き入っていたような、そんな嬉しい悲鳴の一日でした。自由でリラックスした演奏会のあり方も教えていただいたと思っています。みなさま、ありがとうございました! 絵画展は明日10月27日(日)が最終日です。お待ちしております!

e0151902_1909100.jpg
e0151902_2043196.jpg


by hazukihallhouse | 2013-10-26 20:45 | *展覧会のごあんない

②[パレットの会]油絵展3日目は雨。。

[パレットの会]絵画展3日目は、冷たい雨ではじまりました。。善福寺公園の人影も、まばらだったのですが。。
e0151902_1502567.jpg

午後からはお客さまが次つぎにお見えくださって、初日や2日目と同様、絵のなかでのおしゃべりが親しくはずみました。油絵をとおして30年前にお知り合いになられたというメンバーのみなさま。それぞれの歳月と思いの深さが、重厚感あふれる絵画をとおして、雨の日のホールに立ちこめるようでした。
そんなメンバーのみなさまは、、、

e0151902_15341456.jpge0151902_15323139.jpg

石丸麗子さん。フランスの雰囲気あふれる、はなやかで、それでいてシックな絵は、石丸さんそのものですね。
e0151902_14145238.jpg

井上美佐子さん。はてしなくひろがるひまわりの絵、お孫さんの笑顔の絵。優しい風が吹きわたってくるようです。
e0151902_14143894.jpg

城勢津子さん。濃く深く、大らかに描かれた作品の存在感に、新しいような、なつかしいような魅力を感じます。
e0151902_1414658.jpg

高橋純子さん。繊細な筆さばきと色づかいには、ため息です。右はじの一枚は、可愛いお孫さんと愛犬リーナちゃん。
リーナちゃんのおかげで葉月ホールハウス管理人は高橋さんとお知り合いになれました。リーナちゃん、ありがとう!
e0151902_1414203.jpg

四人のみなさまで、葉月ホールハウスのこの細長い空間を、じょうずに分けて展示してくださっています。すてきな個性がよりひきたちますね!明日と明後日、10月21日(月)と22日(火)はお休みをいただき、23日(水)からまたはじめます。最終日前日の26日(土)は斉藤松男さんのクラシックギターが、正午から18:00まで演奏される予定です。入場無料です。お好きな時間におはこびください!
e0151902_16475120.jpg

by hazukihallhouse | 2013-10-20 19:03 | *展覧会のごあんない

①[パレットの会]油絵展がはじまっています。

2013年10月18日。秋晴れ。
四人の油絵愛好家のみなさまによるグループ展がはじまりました。
油絵のもつ、力強さ、奥深さに、圧倒される思いです。
左から井上美佐子さん、石丸麗子さん、高橋純子さん。高橋さんの作品[山の秋]と[彼岸花]の前で撮りました。
もうおひとりのメンバー城勢津子さんは明日からお見えになります。またご報告いたします。
秋にふさわしい力作ぞろいの絵画展です。27日までの正午~18:00。月火休み。お待ちしております!
e0151902_1724209.jpg

by hazukihallhouse | 2013-10-18 18:18 | *展覧会のごあんない

室内楽[秋の夢]のリハーサルがおこなわれました。

戸次祥子(べっきしょうこ)さん個展ギャラリーコンサート[秋の夢]。
きょうはご出演の演奏家のみなさんがはじめて葉月ホールハウスにお見えくださいました。
左から、チェロの広瀬直人さん、戸次祥子さん、ヴァイオリンの竹島愛弓さん、ピアノの福島優子さん。
右上の絵は、戸次さんが本日たずさえてきてくださった木の葉の新作です。
戸次さんと竹島さんが北野高校の同級生というご縁から、素敵なトリオが結成され、木の葉の絵と室内楽の共演が、実現のはこびとなりました!
e0151902_1842135.jpg

木の葉の作品空間で聴くギャラリーコンサートは、来月11月10日()15:00から。
挽きたて珈琲、煮出し五穀茶、プチフールをご用意してお待ちしております。
お申込みなど詳細は葉月ホールハウスHPへ⇒。
出演者のお顔写真をクリックすると戸次さんの作品があらわれます!
e0151902_1841657.jpg

by hazukihallhouse | 2013-10-13 20:25 | *音楽会のごあんない

戸次祥子さん[Fall~詩人の木陰]展の準備をはじめています。

戸次さんと書いて、べっきさんとお読みします。
その戸次祥子さんが、2013年11月1日から、葉月ホールハウスでは初めての展覧会をしてくださいます。
作品はすべて木の葉の絵。落ち葉のコラージュです。詩人の孤独と内なる愉しみをテーマに、詩によりそった新作を中心に準備をすすめてくださっています。
e0151902_20533236.jpg

e0151902_20532970.jpg

夏に打ち合わせにいらしてくださった時の戸次祥子さん。すてきですね。絵と同じです。
この日に、ご友人の竹島愛弓さんに室内楽コンサートをお願いすることが決まったのでした!
詳細は葉月ホールハウスHPへ⇒
e0151902_20533586.jpg

戸次さんの仕事場で待つ魅力的な作品たち。ふけゆく秋にふさわしい、絵と詩と音楽の11月になりそうです!
戸次祥子さんHP[アトリエてがき]はこちらへ⇒ 
戸次祥子さんブログ[アトリエてがきの日々]はこちらへ⇒

e0151902_20563924.jpg

by hazukihallhouse | 2013-10-09 20:53 | *展覧会のごあんない

⑤伊澤一葉さんギャラリーソロライブ、終了しました!~その2~

2013年9月28日。
絵本作家・齋藤槙さん展フィナーレの日は、伊澤一葉さんソロライブの日。
午前中から調律師の梶智洋さん、音響家の藤井暁さんが、音の準備を着々とはじめられました。
ピアノの音色をめぐって伊澤さんと梶さんがコミュニケーションをかさねられ、それはそれはきれいな音ができあがると、伊澤さんはひとりピアノに集中。槙さん手づくりのぺんぎんジョージが見守っています。
e0151902_13335772.jpg

伊澤一葉さんといえば、[東京事変]のキーボード奏者、楽曲提供者として多くのファンをもち、人気アーティストたちのあつい信頼も得て活躍するミュージシャンですが、この日は、ピアニスト、作曲家、ヴォーカリストとしてのソロの魅力が全開! 昼の部は予定時間の倍にふえ、気がつけば窓の外は初秋の黄昏時です。

e0151902_1565497.jpge0151902_14584796.jpg

陰鬱なる若き日につくったという歌、あたらしい曲、クラシックやジャズのカバー、[東京事変]や伊澤さん率いるバンド[あっぱ]でおなじみのナンバー、そしてきらきらと美しい「母の光」など、伊澤さんの音楽の全貌が、伊澤さん渾身の演奏で、時に激しく、時にふるえるようなやさしさで、このちいさな空間に満ち渡りました。
e0151902_1403857.jpg

伊澤さんの端正な横顔は、祈りの姿にも似て、たったひとりで歌い奏でる人の、ナイーブな魅力をたたえています。
e0151902_1442778.jpg

みずからに試練を与えるように、ご自身と深くきびしく向き合って、この日のための音楽を真剣につくりあげた伊澤さん。お客さまたちが心からの感謝の拍手をおくるころ、伊澤さんの何かがほぐれはじめたような、そんな時間がやってきました。
e0151902_13331720.jpg

笑顔と手拍子に包まれて、伊澤さんとピアノが一体になって、今にもピアノが踊り出しそうにはじけるなか、名曲「キラーチューン」がずんずん演奏され、会場は幸福感でいっぱいになりました。なんてぜいたくな時間だったでしょう。昼夜2回公演はどんなにかハードだったことでしょう。でもまた次回もしてくださるそうです、伊澤さん。よろしくお願いいたします!スタッフの尾髙真美さんにもこれらの写真撮影など、たいへんお世話になりました。ありがとうございました!
e0151902_148012.jpg

齋藤槙さん(左)のぺんぎんたちは、この日のお客さまたちにもとても人気で嬉しいことでした。
槙さんの新作絵本『ぺんぎんたいそう』の担当編集者である福音館書店の谷口高浩さん(右)もこの日いらしてくださって、槙さんと受付業務に奮闘してくださいました。槙さん、谷口さん、助かりました、ありがとうございました!

e0151902_17393336.jpge0151902_17393040.jpg
by hazukihallhouse | 2013-10-03 18:18 | *音楽会のごあんない