<   2013年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

0才からでだいじょうぶ~お昼のジャズコンサート2Days、ぶじ終了しました…!

ジャズミュージシャン・くどうゆかさんと工藤雄一さんご夫妻(右)による[お昼のジャズコンサート]が、
2013年の今夏もまた、赤ちゃんを含むたくさんの親子連れをお迎えしてにぎやかに始まりました。
葉月ホールハウスでは3回目。他の会場での開催を含めると、もう20回目になるそうです…!
お客さまへの感謝を込めて、今年は昼夜2回×2Days公演としてくださいました!
1日目は、Bossa&Classic Day, 2日目は、Jazz Dayと、多彩なプログラムが組まれました。
e0151902_22294386.jpg

ひとり息子のヒロくんがバイオリンを習いはじめたことは知っていました。きょうはその音色をはじめて聴ける日。
おなじみのベーシスト、アラン・グリースンさん(左)と、バイオリ二ストの美尾洋乃さん(右)。おふたりの力強い弦に守られるように、ちいさなちいさなバイオリンを、ていねいに、全身を使って奏でる、ヒロくん、8歳。
美尾さんはヒロくんのすてきなバイオリンの先生でもあるのですね。師弟のデュオ[Romance]は感動的でした。

e0151902_1819989.jpge0151902_18463530.jpg
e0151902_19285312.jpg


朗読家でフリーアナウンサーの原きよさんは、今回、葉月ホールハウスに初登場。
くどうゆかさんとは、こどもたちの未来の平和のために、これまでにも何度か活動をともにしていらっしゃいます。
演奏の合間のひととき、心を込めて、かみしめるように読まれたのは、『ちいちゃんのかげおくり』。哀しい戦禍のお話です。やがて客席で涙ぐむおかあさん、心配そうに見つめるとなりの坊や。忘れられないひとこまになりました。
e0151902_20133330.jpg

ゆかさんの、これ!というワンショットが、どうしてもうまく撮れません。。
ぶれていますが、黒いレースドレスのこの1枚が、可愛いゆかさんと、見守るご主人の、ベストショットだと思います。
ゆかさんオリジナルのこどもたちへのラブソングはたくさんありますが、なかでも「だっこ」と、葉月ホールハウスの窓から見える善福寺公園の森をイメージして作られた「葉っぱのミュゼット」が、このところずっと耳から離れません。。
e0151902_21182787.jpg

2日目は、サックス奏者の尾崎一宏さんと、ベーシストのカイドー・ユタカさんをお迎えして、全員子育て真っ最中のミュージシャンたちによるコンサートとなりました。くつろいだあたたかさに包まれた会場には、赤ちゃんを抱っこして、のりのりでスイングするパパたちの姿もちらほら。こどもとの愛おしい日常を、かろやかな洗練で優しい歌にしてしまう、そんなゆかさんの音楽を、みんなして堪能しました。

e0151902_21415084.jpge0151902_2149155.jpg
e0151902_21474152.jpg

ヒロくんは、もちろん2日目も、バイオリン、歌やパーカッションやダンスで参加。そして今回は、珈琲豆を挽いたり、空きビンを片づけたりと、もたつく葉月ホールハウス管理人のお手伝いもしてくれて助かりました。CDジャケットの写真(右上)の頃から、ほんとうに大きくなりましたね!今後の演奏・作曲活動を、楽しみにしています!
最後にミュージシャンのご家族全員で記念の1枚(右下)を撮りました。みなさま、ありがとうございました。

e0151902_2291571.jpge0151902_2262452.jpg
e0151902_2154206.jpg
そして、大豆やお米を羊毛フェルトでくるんだマラカス(こどもたちへひとつずつプレゼント)、カラフルなプログラム、売り上げは東北へ寄付させていただくパンやケーキなど、あらゆるものが、ゆかさんのセンスとハンドメイドでなされたこのコンサートに、多くのことを教えられました。ゆかさん、ありがとうございました!

e0151902_2223410.jpge0151902_22113438.jpge0151902_22281234.jpg
by hazukihallhouse | 2013-08-28 01:02 | *音楽会のごあんない

シンガーソングライター・ゆいこさんがレコ発ライブの打ち合わせに

インディペンデント・レーベル[Whereabouts Records]を主宰されている竹内一弘さんが、
シンガーソングライターのゆいこさんを、はじめて葉月ホールハウスにお連れくださいました。
5ヶ月の可愛い坊やも一緒です。3ヶ月後の11月30日に、レコ発ライブをしてくださることになりました。
e0151902_13103950.jpg

いただいたCD 『felicity』。 おおらかで澄み切った歌声とその神秘的な世界観に惹きこまれました。
母としての至福の一瞬一瞬が、こんなにも深く純粋な音楽をつくるのですね。。
ゆいこさんのピアノと歌、そしてハープの音色が響き合う晩秋の当日を、楽しみにお待ちしています。
ライブの詳細は追ってご案内いたします。CD詳細は[Whereabouts Records]HPへ。
e0151902_13125412.jpg

by hazukihallhouse | 2013-08-21 14:07 | *音楽会のごあんない

都立西高校同窓生のみなさん恒例、夏の音楽会!

2013年夏。記録的な炎暑のなか、
今年も西高同窓生のみなさんとそのお仲間が元気に集合してくださいました。
善福寺公園側の窓をフルオープンして撮った記念の一枚は、
右はじがピアニストの田辺恵子さん、手前が幹事の植月マミさん、
いちばん奥がご主人で会計係の植月太一さん。
夏と冬、恒例になった音楽の宴はこのまま夜まで続きます。
e0151902_1942271.jpg
正午から22時まで、幅広いジャンルの生演奏が、たっぷり準備されているのでした! 
シューマンから始まって、最後に「白い色は恋人の色」とは、なつかしいですね!
葉月ホールハウス管理人も同世代です、よく歌いました~!
e0151902_17111092.jpg

あるときはコンサートホール、あるときはライブハウス、
またあるときは、歌声喫茶に、公開レッスン室...。
ホールでの場面場面を、とてもじょうずに、
しかもゆったりゆるやかに使ってくださっている。嬉しいかぎりです。
田辺恵子さんのピアノとご主人の田辺等さんのコントラバス。
おふたりのプロとの共演もまた、この音楽会のたいせつな楽しみのひとつなんですね。

e0151902_18455738.jpge0151902_18323666.jpge0151902_18325076.jpg

夜も更けてメンバーの顔ぶれも少し入れ替わったようですね。
最終バスに間に合うようにお気をつけて!
今度はまた年末、冬の音楽会でお待ちしております。みなさま、ありがとうございました。
e0151902_23274487.jpg

by hazukihallhouse | 2013-08-13 23:50 | *サロンのごあんない

坂東翔一郎さんがピアノリサイタルの打ち合わせに。

いつもはお仲間で葉月ホールハウスをご利用くださっているピアニスト坂東翔一郎さん(左)が、2013年11月23日(土・)にリサイタルを開催してくださることになりました!翔一郎さんはじめての、チケット制の自主企画です!

e0151902_1744177.jpg

お父さんの安次郎さん(右)がいつもこうして付き添って翔一郎さんを支えています。ショパン、モーツアルト、リスト・・。名曲のさまざまをかろやかに奏でる翔一郎さんは、地元・吉祥寺を中心に、老人ホームなどでボランティア演奏活動を続けています。その純粋な音楽に胸を打たれた多くのみなさんが翔一郎さんを応援しています。学生時代に合唱部だった安次郎さんのきれいな歌声もリサイタルではご披露なさるとのこと。この日は「少年時代」を聴かせてくださいました!

e0151902_17441547.jpg


e0151902_1818777.jpgこの日はまた翔一郎さんのお母さまが書かれた文章のことを
はじめて教えていただいたのでした。すばらしいのです。
昨年の朝日新聞に以下のように掲載されました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【君のピアノ 信じてる】 2012年5月 朝日新聞「ひととき」より

息子へ。
誕生日おめでとう。今年は年男、24歳だね。
そして3回目のリサイタル、成功おめでとう!
支えてくれた人たちがたくさん集まってくれてよかったね。
こんな日が来るなんて想像できなかった。

24年前の辰年は、38時間もかけて君が生まれてきてくれた年。
お母さんも精一杯頑張った。家族やみんなが喜んでくれたっけ。

2度目の辰年。
自閉症である君の発達のアンバランスさは、
なかなか学校では受け止めてもらえず、光の見えない中、
親子で必死にもがいていたね。思えば本当につらい日々だった。

心が折れそうになった時もあったけれど、
君は大好きなピアノをずっと続けてきた。不器用でも一生懸命、
前を向いて一歩一歩、みんなに感謝しながら頑張ってきたね。

ほら。君のピアノに心を傾けて、
拍手を送ってくれる人たちが目の前にいるよ。
これからもつらいことがたくさんあると思うけれど、
温かい応援を力に変えて、
ピアニストという大きな夢を目指して頑張っていこう。
君のピアノには、人を幸せにする力がある。そう信じているよ。
君の紡ぎだす音が、一人でも多くの人の心に響くように。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
by hazukihallhouse | 2013-08-06 19:54 | *音楽会のごあんない