<   2012年 09月 ( 9 )   > この月の画像一覧

本橋雅翔さんのギャラリーコンサート「十五夜のお箏会」夜の部は台風のため中止とさせていただきます。

今はまだこんなに晴れているのですが、夕方から大きな台風が襲来するとのこと。
大事をとって大変申し訳ございませんが夜の部は中止とさせていただきます。
お昼の部は午後1時開場2時開演、3時半終了で予定どおりにおこないます。
お問い合わせはお手数ですが葉月ホールハウスまでお願いいたします。03-5310-3546
e0151902_10232872.jpg

by hazukihallhouse | 2012-09-30 10:27 | *音楽会のごあんない

本橋雅翔さんのギャラリーコンサート「十五夜のお箏会」明日です!

齋藤槙さんの展覧会も後半を迎えました。槙さんはじめての画集も人気です。
e0151902_17415172.jpg
槙さん(左)との楽しいおしゃべりも魅力のひとつ。
e0151902_17414958.jpg
そしていよいよ明日は、本橋雅翔さんの「十五夜のお箏会」です!
夜の部にはまだお席がございます。詳細はこちら
三面のお箏が運び込まれました。雅翔さんがひとりでそれぞれを弾き分けられます。お楽しみに!
e0151902_223298.jpg

by hazukihallhouse | 2012-09-29 22:10 | *音楽会のごあんない

本日は着物です、齋藤槙さん!

ちいさなお客さまにもいつも人気の齋藤槙さん。
きょうは槙さん、自作の紅型染め「ワニのたまご」の帯をしめて、着物姿でお待ちしています!
みどりちゃん(下)の胸元の白クマさんブローチは槙さんの作品。
みどりちゃん大きくなりましたね!去年のみどりちゃんはこちら→
e0151902_15441984.jpg

こちらは、もっとちいさな美琴ちゃんと。会場いっぱい、元気に遊んでいってくれました!
e0151902_15453678.jpg

by hazukihallhouse | 2012-09-22 16:01 | *展覧会のごあんない

ギャラリーライブ [十五夜のお箏会] のごあんない

絵本作家・齋藤槙新作展
ギャラリーライブ 「十五夜のお箏(こと)会」、いよいよ来週末、9月30日()となりました。
お箏独奏は本橋雅翔さん(左)。絵はもちろん、齋藤槙さん(右)。
e0151902_15425221.jpg

宮城道雄の「五十鈴川」はじめ、唯是震一の「無言歌集」「子守唄」、そして「秋風の曲」など、
槙さんの絵の世界からイメージした古典から現代までの多彩な箏曲が雅翔さんによって準備されています。
つまびかれてふくらんでゆくお箏の音色のうつくしさは、半年前、冬の夜の葉月ホールハウスにて
すでに雅翔さん、デュオでたっぷり聴かせてくださっています。
今度は槙さんの絵と、そして(きっと!)中秋の名月とともに、うっとりと。。。楽しみです!

◎十五夜のお箏会◎
2012.9.30(
昼の部13:00開場 14:00開演
夜の部17:00開場 18:00開演
2000円 (佐竹環さんの小さなお菓子とお飲み物付き)

ご予約はお早めに葉月ホールハウス= 03-5310-3546 までお願いいたします!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
by hazukihallhouse | 2012-09-21 21:08 | *音楽会のごあんない

絵本作家・齋藤槙さん新作展[宇宙のこども]二日目です。

槙さん展2日目が始まっています。9月の青空がこのまま続きますように。
e0151902_14301589.jpg

初日には、赤ちゃんモデルになってくれた千陽ちゃん(1歳)もご来場くださいました。
羽のはえた天使になって、千陽ちゃん、絵のなかでお月さまをつるしたり、持ち上げたり、大活躍です…!
槙さん(左)とご両親と。
e0151902_14302619.jpg

土日限定で佐竹環さんのスコーンも販売しています。
ものすごーく美味しいんですー!槙さんかねてより強力に御推奨の逸品です。槙さんのブログはこちらから。
佐竹環さんのHPはこちらからご覧いただけます。
e0151902_15194893.jpg

by hazukihallhouse | 2012-09-16 15:21 | *展覧会のごあんない

絵本作家・齋藤槙さん新作展[宇宙のこども]の準備ができました!

お待たせしました!
齋藤槙(さいとうまき)さんの新作個展、
いよいよ9月15日(土)13:00~ (金月の週4日OPEN) となりました。
葉月ホールハウスではもう3度目。楽しい優しい槙さんワールドの始まりです!
槙さんが見上げるのは和紙に描いた[十五夜の月]。
ピアノの上には、つみきに描いた生き物たちと、つみきの全部にいるお月さま。
e0151902_20293070.jpg

会期中の9月30日()は中秋の名月。
この日には[十五夜のお箏会]をおこないます。→詳細はこちら
それもあって槙さんの新作にはお月さまのイメージいっぱいなのですが、
もうひとつ、おなじみの槙さんの貼り絵の生き物たちに、今度はじめて「こども」たちが加わりました。

e0151902_2114455.jpge0151902_21134858.jpg

                 にんげんのこどもは槙さんに描かれると天使になります。
e0151902_21135414.jpg

額装された和紙の上では、はだかのちいさな天使たちが、思い思いの気持ちよさでくつろいでいるのでした。
e0151902_22591469.jpg

e0151902_2242968.jpge0151902_22443534.jpge0151902_22443329.jpg

さらにもうひとつ、槙さん初挑戦の染物に息づく生き物たち!筒描きに紅型、がんばりました!どうかお見逃しなく!
e0151902_0434165.jpg

by hazukihallhouse | 2012-09-13 23:37 | *展覧会のごあんない

インプロヴィゼーション 「蝸牛管回廊で逢った人たち」 のご報告

2012年1月の冬の底でした。
即興演奏の名手によるトリオ・セッションが、
葉月ホールハウスにはじめての音として刻まれたのは。
その鮮烈なライブから半年余の今度は晩夏。
蝉しぐれ降る善福寺公園を背景に、再びの開催をしてくださいました。

e0151902_18191229.jpge0151902_18191049.jpg

左から、TAMARUさん(bass guitar)、横川理彦さん(violin)、
そして今回、SACHIKO Mさんに代わって迎えたSAWAKOさん(electronic sound)。

e0151902_18141350.jpg

この日の即興セッションを言葉にするなど、
葉月ホールハウス管理人の力量では到底できないことですが、
生み出された音響作品の洗練には胸をつかれる思いです。
またとない一夜となりました。みなさま、ありがとうございました。
主催のTAMARUさんのHPはこちらからご覧いただけます。

e0151902_18141177.jpg
by hazukihallhouse | 2012-09-11 20:48 | *音楽会のごあんない

「ファティマ~青の女神へ 新井豊美に届ける声」のご報告~その2

新井豊美さんを偲ぶ詩の時間を、
イラストレーターの尾関裕隆さんが素敵に撮影してくださっていました。
新井さんの詩と自作の詩を朗読する詩人のみなさんのポートレイトです。
お願いして送っていただきました。

ゲストの吉田文憲さん(左)と高貝弘也さん。新井さんの詩をめぐる対談と朗読です。

e0151902_171438100.jpge0151902_17144684.jpge0151902_1714507.jpg


ゲストの鳥居万由実さん(下)は、2年前、
新井さんが葉月ホールハウスにて[詩の女子トーク]をなさった時にも出演されました。

e0151902_1716326.jpg

ゲストの中本道代さん(右)、
その下に、司会をつとめられた野木京子さん(左)と、
絵もよくなさった新井さんの銅版画をご自宅から持参くださった陶原葵さんのお二人。
左上から、はんなさん、香月ゆかしさん、高平よしあきさん。

e0151902_17161047.jpge0151902_17162583.jpg
e0151902_17163318.jpg
e0151902_17162994.jpg
e0151902_17161894.jpg

そして、この会のために尽力なさった尾関忍さん。
新井さんとの出会いから生まれた処女詩集『約束』(右)のイラストは、尾関裕隆さんによるものです。

e0151902_1864083.jpge0151902_1865528.jpg

最後に、阿部薫子さん(左)が作曲された、新井さんの詩篇「ここでわたしよ、少しの間」が、
加藤睦さんのピアノ演奏と合唱によって、心を込めて披露されました。

e0151902_18215125.jpg

心からのことばが声になって、新井さんに捧げられ、届けられた、すばらしい一日でした。
みなさま、ありがとうございました。

e0151902_18171950.jpg
by hazukihallhouse | 2012-09-07 19:06 | *詩の会のごあんない

「ファティマ~青の女神へ 新井豊美に届ける声」のご報告~その1

詩人の新井豊美さんを偲ぶ詩の会が、親しかった詩人の皆さま、荻窪の詩の教室の皆さまによってひらかれました。
e0151902_9564313.jpg

詩集「夜のくだもの」(高見順賞)、詩文集「シチリア幻想行」など、新井さんの鮮烈な作品は生きつづけます。
e0151902_9564673.jpg

追悼詩の朗読、吉田文憲さんと高貝弘也さんによる対談、そして阿部薫子さん作曲の歌とピアノ…。
心を込めたそれぞれが、新井豊美さんに捧げられ、新井さんからの合図のように、激しい雨が天窓を叩きました。
最後に新井さんのお嬢さまが、お母さまのことについて、しずかに語ってくださいました。
e0151902_956481.jpg

「シチリア幻想行」をイメージしたみごとなお料理が鎌田規子さんによって整えられ、
懇親会は新井さんの思い出にみちてすすみました。

e0151902_1173278.jpge0151902_11101473.jpg

最後までいらした皆さまでの一枚です。皆さま、ありがとうございました。
詩人の林浩平さん(後列右端)が早速ご自身のブログにご紹介くださっています。
そして会を取りまとめられた、思潮社の藤井一乃さん(後列左端)、
尾関忍さん(一人おいて隣)、おつかれさまでした!
尾関さんはつい先日、詩集『約束』を思潮社から出版され、
詩の先生であった新井豊美さんとの約束を果たされたばかりです。

e0151902_9565029.jpg
by hazukihallhouse | 2012-09-03 11:54 | *詩の会のごあんない