<   2011年 12月 ( 7 )   > この月の画像一覧

都立西高同窓のみなさんによる年末おしゃべり音楽会!

もう4回目になります。
年に2回、お盆と年末、都立西高校の同窓生のみなさんが、葉月ホールハウスに集合してくださるのは。
プロの演奏家もいらっしゃる。地方から帰省中の方もいらっしゃる。
そんなみなさんで次々に奏でる、ピアノ、フルート、ベース、ギター、
それからそれから、歌と拍手とお食事と、おしゃべり×おしゃべり×おしゃべり…。
いつもたっぷり10時間のご利用です!
途中それぞれのご友人らをお迎えしたりお見送りしたり、配達を受け取ったりビデオをとったり、
ホールをご自宅のように使っていただける嬉しさはまた格別です。
みなさま、そして幹事役の植月さん、いつもお優しいお心づかいで、ありがとうございます!
2011年最後の葉月ホールハウスは、みなさまの笑顔であたためられて、ぶじ暮れようとしています。
e0151902_11254281.jpg

by hazukihallhouse | 2011-12-31 17:56 | *サロンのごあんない

望月通陽さんのギャラリートークと谷川賢作さんのギャラリーコンサートぶじ終了しました!

望月通陽さんの古典新訳文庫原画展フィナーレの夜となりました!
感動的な聖夜となった余韻のなか、残ったみなさんで最後の一枚。
e0151902_16433639.jpg
前列右はじに望月通陽さん、後ろが克都葉夫人。ゲストに作曲家&ピアニストの谷川賢作さん(前列中央)。
賢作さんが持っているのは、望月さんが即興で描いてくださったペン画です。

望月さんは、こんなふうに、奥のすみっこの階段で、賢作さんのピアノを耳に、ペンを手に…、
e0151902_16434391.jpg
あっというまに、この世にひとつの、線描を生みだしてしまうのでした。
e0151902_1643455.jpg

今年も旅から旅の演奏活動を精力的にこなされた賢作さんは本日が2011年最後のライブ。
お入りになるや音出しに集中されました。そのころ望月さんは善福寺公園の森をたゆたっておられたもようです。

e0151902_16502038.jpge0151902_165024100.jpg

望月さんの絵にひそむ音楽を誘うように、暮れゆくイブの夜、賢作さんのピアノソロが響きはじめます。
お客さまにお好きな絵を選んでいただいての即興演奏も、抜群のセンスと完成度で会場を魅了。
ピアノの弦を直接かき鳴らす奏法あり、せつないバラードあり、うっとり酔いしれていたところ…、
e0151902_17102555.jpg

旧知の仲の望月さん×賢作さん、とはいえ、「罪です!」「罰です!」の漫才コンビ(?)を
にわか結成してくださるとは思いもよらないことでした!
手に汗にぎるアドリブの掛け合いに、左右いっぱいのお客さまも拍手喝采となりました。
e0151902_17213324.jpg

かつての自分に会いたくて僕は仕事をしているように思います。
賢作さんに問われて答えた望月さんのしずかなひとことも忘れられません。
サイン会では染め絵額の裏いっぱいにマジックでこうした絵を描いてくださった望月さん。
お買い上げくださった二人の女性の、或る日かつての原風景が、望月さんには見えてしまっているかのような。
e0151902_18122013.jpg

前日には、光文社の文芸局長、駒井稔さんの司会進行で、[古典の森の物語]と題したトークが行われました。
e0151902_18361171.jpg

古典新訳文庫カバー画が5年にわたって140冊生み出されるまでの、画家と編集者の真剣勝負の物語です。
重い扉を押しあけて、読む。カフカも読む。手が寄り添う。イメージと手をつなぐ。絵が生まれる。
駒井さん(中央)、初代担当編集者の堀内さん(右)、現在の担当編集者の中町さん(下の写真の立ち姿)、
三人の熱いプロフェッショナルたちと篤実な書簡を交わしながら、古典の森をひとり分け入ってこられた望月さん、
その道のりの深遠さに胸打たれます。
e0151902_184842.jpg

この日のトークのもようは1月にYouTube[古典新訳文庫チャンネル]で公開予定です!
e0151902_1932654.jpg

古典新訳文庫に次々にサインをなさる望月さんが、
e0151902_1945446.jpg

画文集『道に降りた散歩家』にはこーんな絵を描いてくださった!と齋藤槙さんが見せてくれました。
なんてなんて愛らしい…!
e0151902_1945738.jpg

最後に残った若い熱心な読者のみなさんと編集者のみなさんとで、望月さんを囲んだ記念の1枚を撮りました。
e0151902_19444981.jpg
左はじはデザイナーの木佐塔一郎さん。
望月さんと二人三脚で、すべての古典新訳文庫のカバーデザインを手がけていらっしゃいます。
本展のパンフレットも木佐さんがこころよくお引き受けくださって実現しました。
みなさま、ほんとうにありがとうございました。
一生懸命お手伝いしてくださった成合さん、槙さん、五十嵐さん、榊原さん、典さんも、郁子さんも、ありがとう!
きびしい1年が暮れようとしています。どうかよいお年をお迎えください!
by hazukihallhouse | 2011-12-30 21:26 | *展覧会のごあんない

望月通陽さんと古典新訳文庫が新聞に

共同通信による取材記事が、【読書への門開く「お手伝い」】として、
静岡新聞や岩手日報などに掲載されました。ありがとうございます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
5年前に刊行の始まった光文社古典新訳文庫が、12月で通算140冊になった。亀山郁夫さん訳のベストセラー「カラマーゾフの兄弟」でも注目された読みやすい訳が特徴だが、カバーの不思議な絵に引かれて手に取る人も多い。
絵の作者は望月通陽さん。もともとは染織家だが本の装丁も多く手掛ける。新訳文庫は創刊時から全て一人で描いてきた。絵の基本は一筆書き。デフォルメされた人物や動物が、何やら本の内容を暗示しているようだ。~中略~
「望月さんの絵のおかげで、洗練されたイメージで文庫が統一されている」と編集部。望月さんは「ぼくの絵が、古典への門を開くお手伝いをできれば。そんな気持ちで絵にしています」と話している。~後略~
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そんな古典新訳文庫を世に送り出した
光文社文芸局長の駒井稔さんと望月通陽さんによるギャラリートークが、
いよいよ12月23日(金・祝)となりました。望月さんの作品空間で語られる創作秘話…!
ご予約お待ちしております!葉月ホールハウス03-5310-3546 

e0151902_1151317.jpg

by hazukihallhouse | 2011-12-21 11:49 | *展覧会のごあんない

望月通陽さんの古典新訳文庫原画展、あとわずかとなりました

2011年もあと2週間。望月通陽さんの古典新訳文庫原画展も最後の日曜日を迎えました。
黄金のいちょうの葉っぱを踏みしめて、たくさんのお客さまがお運びくださいました。
e0151902_1227482.jpg

e0151902_1217398.jpg

ホールでずっと奏でられていたのは、
望月通陽さんの絵や字で飾られた谷川賢作さんの[ピアノソロ]やつのだたかしさんの[リュート]。
12月24日(土)に迫ってきた谷川賢作さんwith 望月通陽さんのクリスマスコンサートが楽しみです。
お申込みは葉月ホールハウス 03-5310-3546 までお早目に…!
e0151902_12165722.jpg

波多野睦美さんがつのだたかしさんのリュートで歌うダウランドの歌曲も時を超えて美しく響いています。
e0151902_12501184.jpg

ダウランドの名曲も、古典新訳文庫の名作も、
はるかな年月を経て、望月通陽さんによってつながれて、この時代のこの場所にやってきました。
古典の扉を今もういちど開けるためには、はかりしれない物語があったことでしょう。
12月23日(金・祝)は、望月通陽さんと光文社編集局長の駒井稔さんが、
ギャラリートーク[古典の森の物語]と題して、
創刊から5年、140冊の新訳古典と表紙絵にまつわるとっておきのお話をしてくださいます。
こちらもお申込みは葉月ホールハウスまでお願いいたします!
e0151902_1217538.jpg

by hazukihallhouse | 2011-12-18 12:14 | *展覧会のごあんない

望月通陽さんの古典新訳文庫原画展、第Ⅱ期の準備ができました。

明日12月10日(土)正午より、望月通陽さんの展覧会Ⅱ期がいよいよ始まります。
ブロンズ像やタペストリーをはじめ、さまざまな手法による望月さんの作品が、
2011年の聖夜を迎えるまでの二週間、きらめく冬の光のようにホールに満ちわたります。
e0151902_20293288.jpg

聖書をめぐる絵とことばを和紙に染め抜いた作品群や、
e0151902_20294183.jpg

クリスマス・ソングにちなんだ楽しい型染め絵たち…、
e0151902_20293542.jpg

そして主役はもちろん光文社古典新訳文庫140点と原画の数々…。
日程とトークイベントはこちら、最終日12月24日の谷川賢作さんの音楽会はこちらをご覧になってください。
e0151902_20294215.jpg

by hazukihallhouse | 2011-12-09 21:10 | *展覧会のごあんない

【 CONCERT FOR YOU 】

2011年12月4日。
黄金色に染まったいちょうの木が、善福寺公園を照らしているような黄昏どきです。
あかりが灯った葉月ホールハウスの窓の奥では、ヴァイオリンとヴィオラとチェロ、そして声楽による演奏会、
【CONCERT FOR YOU 】が始まっています。
e0151902_2033988.jpg

控え室には、楽器や楽譜が、ところせましとおかれました。
e0151902_2041113.jpg

可愛い天使のプログラムはヴィオリスト田中千枝さんのお手製で、
小さな生徒さんから熟達のお弟子さんたち、指導の演奏家のみなさん、
そして特別出演の東京フィルハーモニーソロコンサートマスター荒井英治さんらのお名前が並びます。
e0151902_2034740.jpg

きょうは、喜び、楽しみ、悲しみを、「音」という言葉をもって語り合いましょう!
プログラムにこう書かれていたように、弦の音色が深く美しく響き合う、すばらしい演奏会でした。
田中千枝さん(右はじ)らによるヴィオラ四重奏、野平一郎氏編曲、バッハの「シャコンヌ」、
荒井英治さん(その左)ご夫妻によるシューベルト「アルペジョーネとピアノのためのソナタ」なども!
e0151902_2042267.jpg

演奏会後の小パーティにお出しするための珈琲豆を別室で挽いていた葉月ホールハウス管理人は、
名演が聴けず無念でしたが、珈琲通の荒井さんご夫妻においしい!と喜んでいただけて光栄でした。
ご夫妻のお嬢さん桃子さんによる[Momo]のお菓子は大評判。珈琲にもワインにもぴったりのおもてなしとなりました。
みなさまあたたかい演奏会をありがとうございました。奏でられた弦の余韻が今もホールに残っているようです。
e0151902_2043546.jpg

by hazukihallhouse | 2011-12-05 23:12 | *音楽会のごあんない

星の王子さまのキツネのことばのタペストリー

お買い上げいただいて今は展示がないのですが、
キツネと仏語を染めたタペストリー(奥のまんなか)が人気です。
星の王子さまに語ったことばでひろく知られるサン=テグジュぺリのキツネです。
長さ140センチの絹麻地にザクロなどの天然染料。

ご注文をいただければ、望月通陽さんがあらたに作ってくださることになりました。
ひとつひとつの手染め作品ですのでそっくり同じものにはなりません。そのことが魅力です。
e0151902_14263249.jpg


望月さんに選ばれた大切なことばが、望月さんに描かれて、望月さんに染められて、素敵なバッグにもなりました。
e0151902_15212552.jpg

by hazukihallhouse | 2011-12-01 14:25 | *展覧会のごあんない