<   2010年 05月 ( 13 )   > この月の画像一覧

*季刊「銀花」40年の軌跡展においでくださった方々~その1

1970年の季刊「銀花」創刊以来、すべての表紙デザインに絶大な力を尽くされた、日本を代表するグラフィックデザイナー杉浦康平さんが、5月15日の土曜日の昼下がり、お忙しい合間をぬっていらしてくださいました。
すがすがしく美しい161通りの表紙の前で、「銀花」の幸福な40年間を物語る、またとない一枚となりました…!

e0151902_2383358.jpg

「静止した無表情な瞬間でなく、動的な揺らめく時空を、生き生きとした表情を生みつづけること、これが『銀花』の表紙の主題であった」…と、杉浦さんは「銀花」への思考と試行について、ご自身の思いを綴られています。その思いをかみしめるように、1号1号、表紙のたたずまいを見て回られる杉浦さん。奥さまの加賀谷祥子さん(下の写真、右はじ)、「杉浦康平プラスアイズ」スタッフの新保韻香さん(上の写真、左はじ)、青戸美代子さん(「銀花」最後の編集長。上の写真、杉浦さんの左隣り)、そして教え子のみなさん方を交えて往時の思い出話にも花が咲き、季刊「銀花」の軌跡展にふさわしい、馥郁たる時間が流れていきました。
e0151902_2384697.jpg



杉浦康平さん同様、すべての「銀花」に比類のない力を発揮された方に、写真家の小林庸浩(つねひろ)さんがいらっしゃいます。
小林さんは、土曜日の朝、おひとりで、開けたばかりのホールに入っていらっしゃいました。
ひょうひょうとした身のこなしに、それが「銀花」を支えた熟達の写真家・小林庸浩さんであると気づくまでに時間がかかり、お姿の写真を撮りそびれました。写真家に携帯カメラを向けるというのも勇気のいることではあります。
というわけで、小林さんの手になる、「銀花」のきわだつ美しさの一枚を以下に。「銀花」表紙づくしの絶景です。

e0151902_239186.jpg

by hazukihallhouse | 2010-05-26 11:03 | *展覧会のごあんない

*季刊「銀花」40年の軌跡展によせる朗読劇~[掌の宇宙]公演 (2010・5・15) のご報告

~その1

季刊「銀花」最後の編集長・青戸美代子さんが、この日の朗読劇が生まれるまでのいきさつを、
満場のお客さまに向けて語ります。きっかけは、演出家からの一本の電話だったと…。

e0151902_1036287.jpg


そして7人の俳優たちが登場、"手"という文字を大きく墨で描いて…

e0151902_10413592.jpge0151902_10421920.jpg


「"手"をめぐる四百字」…。この一冊に収められた、
手書きの掌編をもとに創作した朗読劇~[掌(てのひら)の宇宙]~の始まりです。

e0151902_1858868.jpg
by hazukihallhouse | 2010-05-26 10:59 | *展覧会のごあんない

*季刊「銀花」40年の軌跡展によせる朗読劇~[掌の宇宙]公演のご報告

~その2


e0151902_15262877.jpg山根基世さん作・
「何でもする手」より、
わが子を
みずからの手で殺めた
女囚を演じる、
萩原明子さん。




e0151902_15255386.jpg中村桂子さん作・
「手」を演じる塚原ゆうきさん。

「神様は手を与えてくださった 
イチゴを育て 
ゆっくり味わうように 
バラを咲かせ 
窓を飾るように」……


e0151902_15252779.jpg小川洋子さん作・
「小説に触れる」を演じる、
五味万里子さん。

「自分の小説も
見ず知らずの誰かの手に、
敬意をもって
触れられたのだろうか」……





by hazukihallhouse | 2010-05-26 10:49 | *展覧会のごあんない

*季刊「銀花」40年の軌跡展によせる朗読劇~[掌の宇宙]公演のご報告

~その3

上演中、俳優さんたちは一度も舞台を去ることなく、主人公になったり、脇役になったり、時には舞台装置、効果音の役をも担って、手をめぐる四百字のドラマを構築していきます。
下は、山根基世さんの書いた「何でもする手」より。イスに座るのは、わが子をその手で殺めた女囚という設定。
e0151902_13513864.jpg


出久根達郎さん作・「キッス」の一場面より。新婚間もない夫が妻に、手は僕らの唇だろう、だからキスだよ、と。
e0151902_13524020.jpg


俳優さんたちの実人生も、四百字の「僕らの手」となって表現されて、それぞれに、みずみずしく、演じられました。
e0151902_13531770.jpg

by hazukihallhouse | 2010-05-26 10:39 | *展覧会のごあんない

*季刊「銀花」40年の軌跡展によせる朗読劇~[掌(てのひら)の宇宙]~ご報告

~その4

e0151902_15502556.jpg 又吉栄喜さん作・
「(空)手」を演じる、
田中孝治さん(右)と、
青山義典さん。

~沖縄では
空手を
空手とは言わずに
「手」と言う。
一つ一つの型が
心を表現している。
手にすべてを
込めている。~



横尾忠則さん作・「宇宙の手」を演じる、杉山快俊さん(下)。

~手が霊感に忠実に従って、手が装置になっていることが大事なのである。~

e0151902_1551011.jpg


e0151902_16344653.jpg
                       野村万之丞さん作・「手」を演じる、加治屋章介さん。

~三位一体の鼎(かなえ)という考え方を、両の手は私達に教えてくれるのである。何とすばらしいことではないか。
by hazukihallhouse | 2010-05-26 10:31 | *展覧会のごあんない

*季刊「銀花」40年の軌跡展によせる朗読劇~[掌の宇宙]公演のご報告

~その5

e0151902_15482276.jpg
手というものの
大いなる力。
それは季刊「銀花」が
追いつづけた
主題でもありました。





e0151902_15484023.jpg
ひたむきな演技が
観る者の心を震わせて…、




劇場と呼ぶにはあまりにも小さな場所で、
互いの息づかいを感じながら共有した濃密な演劇空間。
7人の俳優と、50人の観客と、
それを見守る壁いっぱいの161冊の季刊「銀花」がもたらした、
忘れられない一夜となりました。


e0151902_20334459.jpg


そしてもうひとり、舞台をかげから見守っていたのは、演出の山下晃彦さん。


e0151902_15472869.jpg

「”手”をめぐる四百字」の連載が始まったのは季刊「銀花」が百号を迎えた時。
当時の編集長・萩原薫さんも駆けつけてくださって(左)、
田原秀子さん(中央)、青戸美代子さん(右)と三代そろった編集長ユニットに
お客さまから惜しみない拍手が送られました。


e0151902_15485793.jpg
お見送りも果たして、すべてが終了。お客さまに支えられました、と俳優の皆さん。

この日の舞台写真はすべて竹内幸史さんによるものです。ありがとうございました!
by hazukihallhouse | 2010-05-26 10:28 | *展覧会のごあんない

*季刊「銀花」40年の軌跡展によせる朗読劇~「掌の宇宙」~がぶじ終了しました…!

展覧会終了後、満場のお客さまをお迎えして、青戸美代子さん(最後の銀花編集長)のお話から、朗読劇・「掌(てのひら)の宇宙」の幕が開きました。
e0151902_22492252.jpg


窓のすぐ外の善福寺公園からは、こんなふうに見えています。ホール全部が、ライトを浴びたステージのように。
e0151902_22494578.jpg


あたたかい拍手に包まれて、感動的なステージが終了しました。
「銀花」元編集長の田原秀子さん(中央左)と青戸美代子さん(中央右)に、俳優のみなさんから花束が贈られるというビッグサプライズも…! 詳しくはまた後日ご報告します。
みなさん、ほんとうにお疲れさまでした!
e0151902_2250263.jpg


季刊「銀花」40年の軌跡展は、明日516日(日曜日)が最終日です…!
by hazukihallhouse | 2010-05-15 23:01 | *展覧会のごあんない

*季刊「銀花」とともに

右は、「銀花」編集長を、第119号から153号までの長きにわたってつとめられた山本千恵子さん。
左は、フリー編集者の片柳草生さん。「銀花」には、たくさんの美しい記事を寄せられました。
まごころを込めて世に送り出した「銀花」のすべてに囲まれて、おふたりは、ゆっくり語り合っていってくださいました。
雨上がりの、しずかな五月の夕暮れ時の、記念すべき一枚となりました。
e0151902_148554.jpg


右はフリー編集者の成合明子さん。「銀花」最後の2年間、青戸編集長のもとで力を発揮されました。
展覧会にも、お庭に咲くノイバラの花を手に足しげく通われて、有能なスタッフとして立ち働いてくださいました。
左は、ご友人の写真家・片山久子さん。女性誌の仕事で知り合われた間柄のおふたりです。決まってますね。
e0151902_1485775.jpg

by hazukihallhouse | 2010-05-13 09:30 | *展覧会のごあんない

*季刊「銀花」40年の軌跡展によせる朗読劇~[掌(てのひら)の宇宙]~稽古二日目

通し稽古が、すばらしい出来ばえで終了しました。
みなさん会心の笑みですね…! おつかれさまでした…!
四百字のドラマに対するひたむきな考察と理解、そして誠実な表現に脱帽です。感動しました。
語り、ダンス、パントマイム、日舞にピアノ、歌ときどき絶叫(?)……あれこれ満載の小舞台が、混乱や過剰を生むことなく、小さなスペースをものともせずに、心地よいテンポで展開します。小さなスペースだからこそ、演者の生の感情がじかに伝わり、気持ちが動くのかもしれません。
演者自身の「四百字」も、それぞれの実人生として語られて、これがまた、まっすぐに、聴くものの胸の底に落ちてくるのでした。
e0151902_2247067.jpg



演出家の山下晃彦さんは、狂言師の野村万之丞さんに師事していらっしゃいました。が、才気あふれる不世出の人であった野村さんは、'04年に急逝。亡き師の「"手"をめぐる四百字」は、山下さんの万感の思いを込めて、舞台の最後に演じられます。
e0151902_23173014.jpg



下の写真は、まるで山下さんや俳優さんたちが、誰かに怒られている(?)図のように見えますが、どうぞ誤解のなきように。左に立つのは「銀花」元編集長の田原秀子さん。連日こまやかなお心づかいで、青戸編集長とともに、展覧会を切り盛りしてくださっています。一昨年初演の「掌(てのひら)の宇宙」を、すでにご覧になっている田原さんは、本日の通し稽古の仕上がりにも再度感動、今回はじめて観賞されたフリー編集者の成合明子さん(右隣り)に、新鮮な感想を述べてもらっているところです。そのお話に耳を傾けるみなさんが、あまりにも礼儀正しくていらっしゃるので、こんな一枚になりました。
e0151902_22475797.jpg

by hazukihallhouse | 2010-05-13 09:20 | *展覧会のごあんない

*季刊「銀花」40年の軌跡展によせて上演される朗読劇・[掌(てのひら)の宇宙]」について

季刊「銀花」から生まれた単行本「"手"をめぐる四百字」。
このなかから、時実新子さん、浅田次郎さん、藤原新也さん、赤瀬川原平さん、野坂徹夫さん、山根基世さん、小川洋子さん、出久根達郎さん、中村桂子さん、又吉栄喜さん、横尾忠則さん、野村万之丞さん(以上、上演順)が執筆された肉筆原稿をもとに、5月15日の夜、展覧会終了後の葉月ホールハウスにて、7人の俳優さんたちが、その声とからだで表現する朗読劇を演じてくださることになりました。(お席は完売しております)。
e0151902_1133931.jpg


そもそもは一昨年の春、劇団ひまわり第43期研究科卒業記念感謝公演として上演され、好評を博したステージです。今回、演出家の山下晃彦さんのご尽力により、再演が快諾されました。
四百字分の人生を演じてくださるのは、左から、田中孝治さん、(後列)青山義典さん、五味万里子さん、加治屋章介さん、荻原明子さん、前列左から、杉山快俊さん、塚原ゆうきさん。今回の展覧会にあわせて急きょユニットを再編成、善福寺公園に集合してくださいました。
e0151902_10291732.jpg


稽古のあとでも、皆さん、さすがのパワーです。
後列中央左が演出の山下晃彦さん、後列中央右がステージングの近藤大介さん。
e0151902_10313614.jpg


決して広くはない空間です。このなかで、どんな世界が生み出されるのか、四百字のエッセイや小説が、どんな芝居となって立ち上がるのか、楽しみです!
e0151902_1034160.jpg

by hazukihallhouse | 2010-05-12 12:09 | *展覧会のごあんない