カテゴリ:*展覧会のごあんない( 262 )

②2016 宮嶋淳子さん木版画展[かんじんなところ]始まりました!

雨が上がって親しいお客さまたちが次つぎに。
e0151902_18380180.jpg

お客さまとお話する淳子さんを、おかあさまがアレンジしてくださったお花が見守ります。
e0151902_18404895.jpg

人のしぐさ。版を重ねて生まれる色と風合い。ひかりと影。
淳子さんの木版画の魅力をみんなして見つめています。
e0151902_18370954.jpg
e0151902_19373192.jpg





by hazukihallhouse | 2016-10-08 19:33 | *展覧会のごあんない

①2016 宮嶋淳子さん木版画展[かんじんなところ]明後日からです!

秋晴れの午前、新作のセットアップをさわやかに終えた宮嶋淳子さん。
三年前は石版画展をお願いしました。今度は木版画です!
e0151902_19004153.jpg

幼い三人のこどもたちとの暮らしから生まれる淳子さんのシックな木版画。

e0151902_19044139.jpg


「毎日がふくらんでしぼんで、うすく重なって、一枚の版画に」。淳子さんの言葉のセンスもまた素敵です。

e0151902_19440247.jpg

あさって土曜日、10月8日の午後1時からお待ちしております。
堀越功さんと立岩潤三さんによる最終日23日のギャラリーライブ[音楽と魔法]も、
ご予約をお待ちしております!詳細→葉月ホールハウスHP
e0151902_19055606.jpg




by hazukihallhouse | 2016-10-06 20:12 | *展覧会のごあんない

⑥2016 坂本直昭さん[紙の夜明け展]終了しました!

驚くべきことは/紙が話を止めないことだ/目から手から/目を閉じても/紙は話しかけてくる/
雪の里で/北の森で/祖の岩で/紙に語り/紙の声を聞く──坂本直昭
e0151902_08150729.jpg

美しく白い手漉き紙に坂本直昭さんの祈りにも似た思いが染み込んで、
葉月ホールハウスに紙々の力が満ちた圧倒的な二週間でした。
坂本さん、[紙舗 直]のスタッフのみなさん、プロデューサー役をお願いした青戸美代子さん、
そしてご来場くださった多くのお客さま、よき展覧会を、ありがとうございました!
e0151902_08173312.jpg


by hazukihallhouse | 2016-10-03 09:20 | *展覧会のごあんない

⑤2016 坂本直昭さん[紙の夜明け展]

九月最後の週末に向けて、坂本直昭さんの新しい染め紙が[紙舗 直]さんから届きました。
e0151902_18055354.jpg

韓紙が、胡桃、柿渋、藍、墨などで染められています。
e0151902_18074005.jpg

土佐清張紙を染めた右の二作の名は[平原]、左は[ストーンサークル薄明]。
e0151902_18085498.jpg

手漉き紙の魅力はかくもさまざまと思い知ります。秋の週末、お待ちしております。
e0151902_16054230.jpg



by hazukihallhouse | 2016-09-29 16:29 | *展覧会のごあんない

④2016 坂本直昭さん[紙の夜明け展]


本日9月26日から28日までは定休です。
29日(木)からまたお待ちしております。10月2日(日)が最終日となります。
昨晩は、紙とのいきさつや、紙に捧げる思いの丈を、坂本さんが語って聞かせてくださいました。
右から竹内さん、坂本さん、渡辺さん、青戸功さん、木の実さんご夫妻、うしろに青戸美代子さん。
台湾北回帰線直下にてこの6月夏至、夜明けとともに紙に礬水(どうさ)を引く坂本さんの姿はこちらへ→
e0151902_07035465.jpg


by hazukihallhouse | 2016-09-26 08:00 | *展覧会のごあんない

③2016 坂本直昭さん[紙の夜明け展]

明日と明後日は定休です。9月22日(木)からまたお待ちしております。
画像は坂本さんが赤土や藍で染めた和歌山の手漉き紙[保田紙]のさまざま。
e0151902_19132140.jpg



by hazukihallhouse | 2016-09-19 19:15 | *展覧会のごあんない

②2016 坂本直昭さん[紙の夜明け展]始まりました!

よき初日を終えて、左に坂本直昭さん。
右へ[いずん堂]店主の門野志考さん、坂本さんが営む[紙舗直]スタッフの根深さん、慈人さん、
本展プロデューサーの青戸美代子さん、[紙舗直]スタッフ西村さん、[いずん堂]門野いずみさん、
葉月ホールハウスご常連の、吉田さん、五十嵐さん。
e0151902_07572997.jpg

坂本さんの染め紙を慕うお客さまが初日から多くお見えくださいました。左から二人目には、
『季刊銀花』最後の編集長だった青戸さんのもとで仕事をしたライター渡辺尚子さんの姿も。
e0151902_14245865.jpg

夜の上映会では、紙と風土、紙と人をめぐって坂本さんが世界各地に旅した記録を、
坂本さん自身が一枚一枚、現地での感情をかみしめるように語られました。
e0151902_07590066.jpg

父祖の地・高知など、日本各地で紙を漉く人たちと深く交わり、
「紙屋」として、紙の可能性を模索しつづける坂本さん。
e0151902_07580616.jpg

[なぜなら、紙は平和だから]。
この一文から始まるすばらしい特集記事を『季刊銀花』で編んだ青戸さんも、
上映会の最後を坂本さんの紙への思いで締めくくられました。
e0151902_07511593.jpg

白い紙が白いまま売れるなら俺は何もしない。
坂本さんはそう言います。
e0151902_07582096.jpg

本展では、高知の十川泉貨紙や和歌山の保田紙、韓国の陰陽紙、ネパールのロクタ紙など、
それらの紙の魅力をさらに生かしめんと、坂本さんが土や墨や天然染料を用いて、
アイルランドや台湾で制作した紙々を主に展示販売しています。
e0151902_08003608.jpg

坂本さんの次回在廊日は9月25日(日)。同日夕刻から再び上映会を行うことになりそうです。
詳しくは葉月ホールハウスまでお問い合わせください。
e0151902_08021426.jpg



by hazukihallhouse | 2016-09-17 08:20 | *展覧会のごあんない

①2016 坂本直昭さん[紙の夜明け展]明日からです!

明日の初日に向けて、坂本直昭さん(中央)が、
本展のプロデューサー役の青戸美代子さん(左)と、
坂本さんが営む「紙舗直」の慈人さん(右)と、とてもよい感じで展示作業中です。
e0151902_18365254.jpg

坂本直昭さんの台湾での制作風景をDMでご案内しています。
題字は坂本さんによる力強い手書き。
e0151902_16411740.jpg

こちらはネパールのロクタ紙による特別なご案内状。
坂本直昭さんの文章と青戸美代子さんの文章が、
「紙舗直」所蔵のアルビオンプレス機で刻印されて並んでいます。
明日は初日展覧会終了後の午後7時から坂本さんの紙と旅の記録上映会。
詳細は葉月ホールハウスHPへ→ 「紙舗直」HPはこちらへ→
e0151902_16393467.jpg


by hazukihallhouse | 2016-09-14 21:50 | *展覧会のごあんない

⑧2016日本画家・池田真弓さん

ずっとにぎやかな最終日となりました。
手前のテーブルで池田真弓さんを囲むのは、
右から吉田裕之さん、永田為九郎さん、左はじに橋本秋人さん。
みなさん池田さんの母校・都立富士高校同期のお仲間です!
e0151902_18503092.jpg

池田さん自作のオカリナのために鉄製スタンドを制作された日本画家の岡野陽一さんも最後にご来場。
池田さん、みなさま、よき夏の展覧会を、ありがとうございました!
e0151902_18300382.jpg


by hazukihallhouse | 2016-08-12 20:51 | *展覧会のごあんない

⑦2016日本画家・池田真弓さん

池田真弓さん日本画展。
善福寺公園のセミしぐれのなか、
お親しいみなさまが次々におはこびくださっています。
本日8月8日(月)〜10日(水)は定休日、
11日(木・祝)、12日(金)で終了となります。
画像は楮紙に描かれた[幻花〜月下美人〜]より部分。
e0151902_10375585.jpg

by hazukihallhouse | 2016-08-08 10:56 | *展覧会のごあんない