<< 戸次祥子さん[Fall~詩人の... ④伊澤一葉さんギャラリーソロラ... >>

⑤伊澤一葉さんギャラリーソロライブ、終了しました!~その2~

2013年9月28日。
絵本作家・齋藤槙さん展フィナーレの日は、伊澤一葉さんソロライブの日。
午前中から調律師の梶智洋さん、音響家の藤井暁さんが、音の準備を着々とはじめられました。
ピアノの音色をめぐって伊澤さんと梶さんがコミュニケーションをかさねられ、それはそれはきれいな音ができあがると、伊澤さんはひとりピアノに集中。槙さん手づくりのぺんぎんジョージが見守っています。
e0151902_13335772.jpg

伊澤一葉さんといえば、[東京事変]のキーボード奏者、楽曲提供者として多くのファンをもち、人気アーティストたちのあつい信頼も得て活躍するミュージシャンですが、この日は、ピアニスト、作曲家、ヴォーカリストとしてのソロの魅力が全開! 昼の部は予定時間の倍にふえ、気がつけば窓の外は初秋の黄昏時です。

e0151902_1565497.jpge0151902_14584796.jpg

陰鬱なる若き日につくったという歌、あたらしい曲、クラシックやジャズのカバー、[東京事変]や伊澤さん率いるバンド[あっぱ]でおなじみのナンバー、そしてきらきらと美しい「母の光」など、伊澤さんの音楽の全貌が、伊澤さん渾身の演奏で、時に激しく、時にふるえるようなやさしさで、このちいさな空間に満ち渡りました。
e0151902_1403857.jpg

伊澤さんの端正な横顔は、祈りの姿にも似て、たったひとりで歌い奏でる人の、ナイーブな魅力をたたえています。
e0151902_1442778.jpg

みずからに試練を与えるように、ご自身と深くきびしく向き合って、この日のための音楽を真剣につくりあげた伊澤さん。お客さまたちが心からの感謝の拍手をおくるころ、伊澤さんの何かがほぐれはじめたような、そんな時間がやってきました。
e0151902_13331720.jpg

笑顔と手拍子に包まれて、伊澤さんとピアノが一体になって、今にもピアノが踊り出しそうにはじけるなか、名曲「キラーチューン」がずんずん演奏され、会場は幸福感でいっぱいになりました。なんてぜいたくな時間だったでしょう。昼夜2回公演はどんなにかハードだったことでしょう。でもまた次回もしてくださるそうです、伊澤さん。よろしくお願いいたします!スタッフの尾髙真美さんにもこれらの写真撮影など、たいへんお世話になりました。ありがとうございました!
e0151902_148012.jpg

齋藤槙さん(左)のぺんぎんたちは、この日のお客さまたちにもとても人気で嬉しいことでした。
槙さんの新作絵本『ぺんぎんたいそう』の担当編集者である福音館書店の谷口高浩さん(右)もこの日いらしてくださって、槙さんと受付業務に奮闘してくださいました。槙さん、谷口さん、助かりました、ありがとうございました!

e0151902_17393336.jpge0151902_17393040.jpg
by hazukihallhouse | 2013-10-03 18:18 | *音楽会のごあんない
<< 戸次祥子さん[Fall~詩人の... ④伊澤一葉さんギャラリーソロラ... >>