<< 2013・辻憲さんデッサン展、... 横尾英子さん日本画展、ぶじ終了... >>

ギャラリーライブ[南インド古典音楽~梵天の響き]のご報告 [撮影・深堀瑞穂]

つまびく的場裕子(まとばゆうこ)さん。
たたく入野智恵(いりのともえ)ターラさん。
ヴィーナーという弦楽器とムリダンガムという両面太鼓。
どちらもはじめて見て聴く、南インドの伝統楽器です。

e0151902_10381948.jpge0151902_10382133.jpg


サリー姿もあでやかに、満場のお客さまへ、始まりのごあいさつ。
数少ない南インド音楽専門家としてのオーラが、はなやかな桜の絵のもと、会場いっぱいにひろがります。

e0151902_10382877.jpg


的場裕子さんのていねいな解説をはさみながら、ライブはスタート。
民族音楽学の泰斗・故小泉文夫氏に師事された的場さんは、芸大卒業後、インド留学。
その後、長きにわたってヴィーナーの演奏と研究に情熱を注いていらっしゃいます。

e0151902_10391294.jpg


7本の弦が慎重にたくみにあやつられて、
神への信仰、人びとの恋愛模様が、19世紀南インドの譜面と即興で、繊細に美しく、奏でられてゆきます。

e0151902_10391442.jpg


的場さんの旋律を支える入野さんのムリダンガムも、未知のインドへの誘い水でした。
その音とリズムが、まるで入野さんの体内から発せられているような、
そんなここちよい錯覚につつまれた瞬間もありました。入野さんは、楽士、役者として、
竹楽器、サンスクリット古典劇の世界などでも、力を発揮していらっしゃいます。

e0151902_10391899.jpg


永遠の時をきざむような、息の合った幻想的なアンサンブルに、
葉月ホールハウスが、ゆっくりと、刻々と、南インドの小宇宙になってゆくのでした。。

e0151902_10392136.jpg


演奏を見守ってくれていたのは日本画家・横尾英子さん(左)のすばらしい桜の絵。

e0151902_10394625.jpg


桜の花にも南インド音楽にも、はるかな時間がやどっています。
流れる時間のその一瞬を、音楽と絵とお客さまたちが、素敵なかたちにしてつなぎとめてくれました。
みなさま、ありがとうございました!

e0151902_104051.jpg


そしてもうひとつ御礼を。
グランドピアノを持ちあげて奥へ移動するという大仕事を、この日、横尾英子さんのご友人やお客さまが、
快くお手伝いくださって、ぶじ一日を終えることができました。大変でしたね。もうしません(^_^;)。
ほんとうにありがとうございました!

e0151902_12573130.jpge0151902_12581485.jpge0151902_1256432.jpg
by hazukihallhouse | 2013-04-29 11:54 | *音楽会のごあんない
<< 2013・辻憲さんデッサン展、... 横尾英子さん日本画展、ぶじ終了... >>