<< 版画三人展、ぶじ終了しました! 版画三人展が始まっています。 >>

版画三人展が最後の週末を迎えています。

すがすがしい秋気に満ちた2012年10月最後の週末となりました。
e0151902_1514775.jpg

ロビー入口、宮嶋淳子さんの木版画でお迎えした版画三人展も、きょうと明日で最後の週末を迎えます。
e0151902_154154.jpg

たくさんのお客さまが連日おはこびくださって、宮嶋淳子さんの娘さんたちも、毎日元気に通ってきてくれました。
e0151902_1585969.jpg

すっかりなじんでくれたようすの仲良し姉妹は、きょうは奥の控え室で、おにぎりと焼き芋と棒茶のランチです。
e0151902_152368.jpg

ふたりの弟、6月に生まれたばかりの赤ちゃんも、宮嶋さんのすっぽり抱っこで、連日、よい子で過ごしてくれました!
宮嶋さんの木版画の、名づけようのない深いぬくもりは、こんなに可愛い三人との優しい時間のたまものでしょうか。
e0151902_152427.jpg
e0151902_15205438.jpg

真田ふさえさんと、新作メゾチント「寒雀」「灯蛾」など。その黒の、黒の深さに引き込まれます。
思索の果ての凛としたたたずまいは、宮嶋さんたちを見守る真田さんそのもののようですね。
e0151902_1524796.jpg
e0151902_1564589.jpg

仕事場のご友人とほほ笑む東影美紀子さん(左)の作品もまた魅力的で人気です。
ヘイターと呼ばれる一版多色刷りの銅版画で、東影さんの緻密な感受性の結実です。
東影さんの内なる時間の堆積を見つめているような、そんな気持ちになって落ち着きます。
e0151902_17593998.jpg
e0151902_1531254.jpge0151902_15145477.jpg
e0151902_1532596.jpg
by hazukihallhouse | 2012-10-27 15:30 | *展覧会のごあんない
<< 版画三人展、ぶじ終了しました! 版画三人展が始まっています。 >>