<< 二戸さんとアルバートさん 結婚25周年をお祝いして >>

望月通陽さんと展示の準備


望月通陽さんの[光文社古典新訳文庫原画展]オープニングが間近です。
展示準備のための月曜日は、あまりによいお天気だったので、
望月さんと夫人の克都葉さんと三人で、珈琲片手にしばらく窓辺でまったりしてしまいました。
窓外の秋の善福寺公園のここちよさ。望月さんの線とかたちのきよらかさ…。
ひときわの展覧会になりそうです。

e0151902_2465349.jpg

11月19日の初日にも、望月さんは正午から夕方までホールにいてくださることになりました!
お買い上げの文庫本や画文集に、それはそれは素敵なサインもしてくださいます。
古典新訳文庫既刊全134冊と、そのためのペン描きによるすべてのカバー原画、
美しいことばやにんげんを染め抜いた、型染め、そして筒描きタペストリー…。
昨日ここで拍手喝采の音楽会がひらかれたことが嘘のように、
ホールには望月さんの厳かな時間が満ちわたりました。
詳しい日程やイベントについてはホームページにてご確認ください。

e0151902_2472927.jpg
by hazukihallhouse | 2011-11-16 00:41 | *展覧会のごあんない
<< 二戸さんとアルバートさん 結婚25周年をお祝いして >>