<< 齋藤槙さんの「生きものブローチ... 伊藤比呂美さんの詩の会の予約受... >>

絵本作家・齋藤槙さんの新作展が始まりました。

7月1日。展覧会初日。さまざまな困難と悲しみのなか、2011年という年が、折り返し地点に立ちました。
e0151902_2010184.jpg

こころの屈託を洗い流してくれるような齋藤槙さんの新作30余点です。
e0151902_20115824.jpg

水彩はり絵のなまけものたち…(上)、野の花をつんで飛ぶ白い鳥…(下)、
e0151902_2013441.jpg

陶のちいさな動物たち…、
e0151902_2029167.jpg

小箱から抜け出たような生きものブローチ…、
e0151902_20361613.jpg

命あるもののまたとない一瞬を、齋藤槙さん(右)は、愉快に空想して愛情たっぷりに見せてくれます。
e0151902_20351254.jpg

そんな槙さんとお客さまとの語らいは、いつも親しみ深さでいっぱいになるのでした。
e0151902_20302910.jpg

by hazukihallhouse | 2011-07-01 22:01 | *展覧会のごあんない
<< 齋藤槙さんの「生きものブローチ... 伊藤比呂美さんの詩の会の予約受... >>