<< 旅するスケッチ~さくましんいち... 「ささやかな詩と書の展覧~こと... >>

川岸富士男さん~「四季の草花譜展」~のご案内

四季折々の野に咲く花を和紙に描きつづける画家・川岸富士男さんが、
2010年824日(火)から29日()までの6日間、葉月ホールハウスに在廊され、
秋の草花を中心にした原画展をひらいてくださいます。
その美しく清澄な水彩作品は、ボタニカルアートのようでもあり、日本の古い植物画のようでもあり、
丹精の筆さばきと、えもいわれぬ和の色合いに、うっとり魅了されるばかりです。
酷暑の夏も、もうあと少し。ひと足早い秋を探しにおでかけください。

e0151902_15444574.jpg


【秋草 雛かるた】の典雅な姿(下)。 
このほかに、川岸さんの画業の原点ともいえる手描き本「翠花」や、椿絵、椿トランプも展示してくださる予定です。
e0151902_1520178.jpg


【百花譜】より、「葛」(上)、そして「萩」(下)。和綴じ本にして見開いた姿を額装してあります。
添えられた文字ももちろん手描きです。会場で目を凝らして読んでみてください。
e0151902_15204148.jpg
e0151902_15205591.jpg


【花あそび】より、「秋澄む」。 ほんとうに、心からほっとする、初秋の気配にみちた一枚です。
e0151902_15203034.jpg



川岸富士男さん略歴

1952年・群馬県生まれ
1974年・多摩美術大学グラフィックデザイン科卒業後、印刷会社勤務
1977年・手描き本「翠花」の製作開始
1989年・季刊誌「銀花」(文化出版局)に「翠花」全10冊が紹介される。初個展開催
1991年・「銀花」誌に椿絵八十八種、特集記事掲載。二度目の個展開催
1992年・会社を退職し画集に専念.日本橋三越「安達瞳子の世界の名花・椿物語展」に出展
      以後各地で個展開催。

.
by hazukihallhouse | 2010-08-07 15:24 | *展覧会のごあんない
<< 旅するスケッチ~さくましんいち... 「ささやかな詩と書の展覧~こと... >>