<< 川岸富士男さん~「四季の草花譜... 夏休みスクラップブッキング講習... >>

「ささやかな詩と書の展覧~ことばと書のパフォーマンス」のご報告



純白だったアジサイが薄みどりに色を変え、
善福寺公園にセミしぐれが降る7月最後の真夏の一日、
詩人の白井明大さんが、和紙と硯をたずさえて、赤い自転車に乗ってやってきてくださいました。

e0151902_2141446.jpg

墨をすって、和紙をひろげて、好きな詩歌を、筆にのせて…。
詩人の思いが、生まれて、動いて、夏の時間に流れていきます。

e0151902_16411372.jpg

山之口貘さんの「求婚の広告」は、こんなふうに。

e0151902_16415167.jpg

辻征夫さんの「かぜのひきかた」は、こんなぐあいに。

e0151902_16425654.jpg

そして、お客さまが、一人また一人と訪れて、
書きつけられ壁に貼られた詩篇を辿りながら、思いのままに、読み上げます。
声に出す、音にする、響きを聴く、目でも追う、
時には他の朗読者を追いかけるように読み上げる(シャドウ、というのだそうです)……、
ことばと書をめぐるワークショップは、こんなふうに、はこばれていきました。

ピアノの上、いちばん手前に見える朱い本は、白井さんの第一詩集『心を縫う』。
その奥が、H氏賞最終候補になった第二詩集『くさまくら』です。
まんなかのオブジェは、旬のゴーヤ。
白井さんのおばさまがお見えになって、差し入れてくださいました。

e0151902_16434429.jpg

詩について、輪になって、なごやかに熱心に語り合う、
思潮社と春秋社の編集者のおふたり(手前)と白井さん(茶色のTシャツ)、
そして4人の若き詩人たち。

e0151902_16435852.jpg

みなさんは葉月ホールハウス蔵の古い詩集にも興味深く目を通され、
一篇ずつ読み上げては作者の詩人を当てる、というゲーム(?)にもして、
愉しんでいってくださいました。ありがとうございました…!

e0151902_2234678.jpg

最後に白井さん自作の沖縄詩篇「波照の舞う」の書の姿ですが、
ご覧のようなピンぼけで申し訳ないことでした。
風にたなびくようなことばの流れに、携帯カメラも揺れてしまったようです。

e0151902_2147072.jpg
by hazukihallhouse | 2010-08-05 16:39 | *展覧会のごあんない
<< 川岸富士男さん~「四季の草花譜... 夏休みスクラップブッキング講習... >>