<< *季刊「銀花」とともに *季刊「銀花」40年の軌跡展に... >>

*季刊「銀花」40年の軌跡展によせる朗読劇~[掌(てのひら)の宇宙]~稽古二日目

通し稽古が、すばらしい出来ばえで終了しました。
みなさん会心の笑みですね…! おつかれさまでした…!
四百字のドラマに対するひたむきな考察と理解、そして誠実な表現に脱帽です。感動しました。
語り、ダンス、パントマイム、日舞にピアノ、歌ときどき絶叫(?)……あれこれ満載の小舞台が、混乱や過剰を生むことなく、小さなスペースをものともせずに、心地よいテンポで展開します。小さなスペースだからこそ、演者の生の感情がじかに伝わり、気持ちが動くのかもしれません。
演者自身の「四百字」も、それぞれの実人生として語られて、これがまた、まっすぐに、聴くものの胸の底に落ちてくるのでした。
e0151902_2247067.jpg



演出家の山下晃彦さんは、狂言師の野村万之丞さんに師事していらっしゃいました。が、才気あふれる不世出の人であった野村さんは、'04年に急逝。亡き師の「"手"をめぐる四百字」は、山下さんの万感の思いを込めて、舞台の最後に演じられます。
e0151902_23173014.jpg



下の写真は、まるで山下さんや俳優さんたちが、誰かに怒られている(?)図のように見えますが、どうぞ誤解のなきように。左に立つのは「銀花」元編集長の田原秀子さん。連日こまやかなお心づかいで、青戸編集長とともに、展覧会を切り盛りしてくださっています。一昨年初演の「掌(てのひら)の宇宙」を、すでにご覧になっている田原さんは、本日の通し稽古の仕上がりにも再度感動、今回はじめて観賞されたフリー編集者の成合明子さん(右隣り)に、新鮮な感想を述べてもらっているところです。そのお話に耳を傾けるみなさんが、あまりにも礼儀正しくていらっしゃるので、こんな一枚になりました。
e0151902_22475797.jpg

by hazukihallhouse | 2010-05-13 09:20 | *展覧会のごあんない
<< *季刊「銀花」とともに *季刊「銀花」40年の軌跡展に... >>