<< *季刊「銀花」40年の軌跡展に... *季刊「銀花」40年の軌跡展・... >>

*季刊「銀花」40年の軌跡展・初日に行われた山根基世さんによる朗読会~その1~

季刊「銀花」は、”手”の復権をうたった雑誌でした。
その思いで第100号から「”手”をめぐる四百字」の連載を開始、
手をテーマに綴られた作家や詩人、美術家などの肉筆原稿をそのままのかたちで掲載し、話題を呼びました。
連載はその後12年におよび、やがて一冊の単行本としてまとまりました。
e0151902_9112366.jpg

この一冊をもとにして、展覧会の初日、
元NHKアナウンサーで、現在は「ことばの杜」代表の山根基世さんにおいでいただき、
山根さんご自身がお選びになった13篇の「四百字」を朗読していただくことになりました。

e0151902_9165980.jpg
















今回特別展示の
式場庶謳子さんの
青い版画の下で
お読みくださる予定です。
版画の名は、
「土笛を吹く古代のヒト」。
by hazukihallhouse | 2010-05-04 09:38 | *展覧会のごあんない
<< *季刊「銀花」40年の軌跡展に... *季刊「銀花」40年の軌跡展・... >>