<< *「銀花」バックナンバーの数に... *~季刊「銀花」40年の軌跡展... >>

*季刊「銀花」40年の軌跡展・前夜

429日のオープンを前に、文化出版局のみなさんが、真剣なまなざしと手さばきで、展示作業に入ります。
e0151902_095232.jpg

左に見える額の中身は、
「銀花」の人気連載だった「゛手゜をめぐる四百字」に掲載された肉筆原稿。
永六輔さん、加島祥造さん、田辺聖子さん、志村ふくみさん、筑紫哲也さん、石牟礼道子さん…、
手書き文字がもたらす、書き手の心模様や息づかいが、ホールに立ち込めていくようです…。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

e0151902_02725.jpg

「銀花」最後の編集長の青戸美代子さんが電話で打ち合わせ中。


終刊号で特集して反響を呼んだ新潟在住の版画家、式場庶謳子さんの大作も、
今回、青戸さんの熱意のおかげで特別に搬入されました。
展覧できる機会の少ない式場さんの作品です。
それが6点も展示させていただけることになりました。ほんとうにありがとうございます。
青戸さんのうしろにあるのは、
「温かく絶対的なるもの=母」と子を描いた「何が見える?」という題名の作品。
「銀花」最終号の記事とあわせて、ぜひともご覧になってください。
80歳を超えた作家の奥深くダイナミックなエネルギーに圧倒されます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

e0151902_0391320.jpg

作業終了。残った四人で記念撮影。
左はじは青戸さん。
「銀花」40年、161冊の「銀花」を手に取って、「銀花」の幸せな歩みを辿っていただけたら…、
「銀花」の大切にした心を感じ取っていただけたら…とおっしゃいます。
右はじは、元「銀花」編集長の田原秀子さん。
展覧会初日のあとに行われる元NHKアナウンサー山根基世さんの朗読会を
企画立案してくださいました。
おかげさまで当日は限定40人を超えたお客さまがお見えくださる予定です。
中央のお二人は、文化出版局・雑誌課の、三橋慶子さん(右)と信太萌さん。
杉浦康平氏デザインの表紙パネル全161冊ぶんを、
壁いっぱいに、あざやかに展示してくださいました。壮観です。

詳しくはまたご報告いたします。では会場でお会いしましょう…!
会期29日から516日まで。10日から14日は休廊です。
by hazukihallhouse | 2010-04-29 01:27 | *展覧会のごあんない
<< *「銀花」バックナンバーの数に... *~季刊「銀花」40年の軌跡展... >>