2017 詩に唄えば〜前橋ポエトリー・フェスティバル in 東京

詩人の和合亮一さんが福島から初めて来てくださいました。
6年前の震災時に放たれた「詩の礫」は今なお鮮烈な記憶です。
e0151902_09075034.jpg

現代詩の若きホープ、文月悠光さんとの対談は、音楽への思いを軸に軽妙に。
e0151902_12285927.jpg

後半は和合さんの自作詩の朗読から。気持ちを込めた緩急自在で明快な表現に引き込まれました。
e0151902_12331002.jpg

和合さんのことばに寄り添い、ドラマティックな音楽をシンセサイザーで送り出したのは池永正二さん。
あらかじめ決められた恋人たち『After dance/Before sunrise』でおふたりは共演されているのですね。
e0151902_12411822.jpg

そして文月悠光さんはこの日、自作詩で歌唱デビュー!
作曲の前橋在住シンガーソングライターkukuさんの優しいピアノで、可憐に歌い上げました。
e0151902_00253705.jpg

ラストは、前橋からThe Eyesのミュージシャンたちと来てくださった詩人の新井隆人さんの朗読が、
ギターとジャンベとパーカッション、口琴からなる音楽とともに深い迫力で。
e0151902_00263616.jpg

新井さん(前列・左)は前橋ポエトリーフェスティバルなどを企画する「芽部」代表で、本企画主催も。
共催の思潮社「現代詩手帖」編集長の藤井一乃さん(後列右)と編集部の遠藤みどりさん(左隣)らと、
(前列右より)和合亮一さんと文月悠光さん、kukuさんら出演のみなさまたちを囲んで。
みなさま、ありがとうございました。詩と音楽。なつかしい原点にふれた思いでした。
e0151902_11013762.jpg










# by hazukihallhouse | 2017-03-21 11:07 | *詩の会のごあんない

2017 SEITAさんワンマンライブ

SEITAさんの歌と、カケリネさんのピアノとギター、持田喬介さんのカホン。
若き三人の音楽が、昨年12月に引き続き、今度は昼夜2回公演で、3・11という特別な日に奏でられました。
e0151902_15551666.jpg

歌にしたら伝えられる。SEITAさんの思いに満場のお客さまの涙や笑顔がじわじわとひろがって、
この場所をひらいていてよかったと感じた瞬間が何度もありました。みなさま、ありがとうございました!
e0151902_15563154.jpg


# by hazukihallhouse | 2017-03-12 17:15 | *音楽会のごあんない

②2017石田えりさん&勝田萌さん、ピアノと歌のコンサート、終了しました。

ピアノ表現・石田えり]として、えりさんが初めて来てくださったのは5年前でした。
昨日は3度目の演奏会。ドビュッシーやリストが美しく、えりさんの確かな歳月に思いを馳せました。
e0151902_09084206.jpg

2部では歌曲伴奏者として、東京音大時代の後輩、勝田萌さんをご紹介。おそろいのボブにして大変身です!
e0151902_09154174.jpg

勝田さんがまっすぐに歌う日本歌曲は胸にしみました。ご自身の日々のスナップ写真が壁一面に。
e0151902_09235618.jpg

お客さまへのサンキューカードには「今、ココで、精一杯演奏します」。
そのとおりに終えられて、えりさんのお姉さまのパネル作品を囲んで。みなさま、ありがとうございました!
e0151902_10513887.jpg



# by hazukihallhouse | 2017-03-06 12:04 | *音楽会のごあんない

①2017石田えりさん&勝田萌さん、ピアノと歌のコンサート

若きピアニスト石田えりさんの3度目のコンサートが3月5日に迫ってきました。
2月最後のきょうは、初参加のご学友、声楽家の勝田萌さんとのリハーサル。
リストからJ-POP、日本歌曲まで、幅広く聴かせてくれるそうです! 詳細→葉月ホールハウスHP
e0151902_19355984.jpg


# by hazukihallhouse | 2017-02-28 19:27 | *音楽会のごあんない

2017イブラヒム恵美子さんと菅間一徳さん

4月に二度目の個展をお願いしているガラス絵作家イブラヒム恵美子さん(左)。
制作の日々に聴く心地よい音楽のひとつにsui saiさんの音楽があったといいます。
きょうはそのギタリスト菅間一徳さん(右)との初顔合わせ。
e0151902_15515760.jpg

お話がはずみ、左右それぞれに帰っていくおふたりに降りしきる雪。おつかれさまでした!
展覧会詳細→葉月ホールハウスHP

e0151902_15522103.jpg




# by hazukihallhouse | 2017-02-09 20:29 | *展覧会のごあんない

③2017阿部海太郎さんピアノソロ、終了しました。

定員を超えるお客さまにお入りいただき、阿部海太郎さんの格別なピアノを親密に共有した冬の夜でした。
NHK『日曜美術館』『世界で一番美しい瞬間』などに寄せた海太郎さんの名曲生演奏の美しさといったら。。
e0151902_23122992.jpg

イラストレーター高山裕子さん(左)展示空間のなかでの海太郎さん(右)ピアノソロは、
「最終日の音楽会は作曲家の阿部海太郎さんで」と高山さんがリクエストしてくださって実現しました。
お互いの世界を理解し合い、敬い合って、誠実な初共演を終えられたお二人に心から感謝です。
ありがとうございました。きっとまたお会いできそうですね。ピアノの上の譜面はこちらへ→
e0151902_23133593.jpg


# by hazukihallhouse | 2017-01-24 01:09 | *音楽会のごあんない

④2017高山裕子さん個展[冬の音]終了しました。

高山裕子さん個展がぶじ終了し、フィナーレは阿部海太郎さんピアノソロ。
本番直前、阿部さんの五線紙に高山さんが冬の景色をさらさらと描き、阿部さんが演奏曲目を手書きして、
プログラム[冬の音]が即興で出来上がりました。お二人のコラボレーションの妙の始まりでした。音楽会→
e0151902_22413427.jpg


# by hazukihallhouse | 2017-01-24 01:02 | *展覧会のごあんない

③2017高山裕子さん個展[冬の音]

高山裕子さんの絵そのもののような白い冬の日が暮れ、明日土曜日が個展最終日となりました。
e0151902_19450447.jpg

夜になって、いつもお世話になっているピアノ調律師の豊嶋隆さん(左)が、
屋根と呼ばれるグランドピアノの大きな蓋をはずす作業と調律の下ごしらえのためご来廊。
高山さん(中央)とご友人(右)にお手伝いしてもらって、重たい蓋は控え室にぶじ収納できました。
作曲家・阿部海太郎さんがいよいよ明後日この環境で奏でてくださいます! 
お席は完売させていただいております。ありがとうございました。HPへ→
e0151902_19174959.jpg


# by hazukihallhouse | 2017-01-20 19:51 | *展覧会のごあんない

②2017高山裕子さん個展[冬の音]

高山裕子さんの新作のように昨日は雪が舞いました。
にぎやかな週末を終えて明日1/16月から1/18水までは定休です。木曜日からまたお待ちしております。
最終日22日の阿部海太郎さんピアノソロは完売いたしました。ありがとうございました。
e0151902_18445420.jpg

# by hazukihallhouse | 2017-01-15 19:21 | *展覧会のごあんない

②2017阿部海太郎さんピアノソロ

作曲家の阿部海太郎さん(左)とイラストレーターの高山裕子さん(右)。
本日は充実の初顔合わせ。阿部さんのエレガントでドラマティックなピアノに胸が震えました。
1月22日のお席はすでに完売となりましたが、キャンセル待ちのお電話は今しばらく承ります。詳細→
e0151902_19354796.jpg

# by hazukihallhouse | 2017-01-13 20:18 | *音楽会のごあんない